≪12  2007-01/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゴーストハント』 第17話(FILE6 「禁じられた遊び」 #4 (1/30) 感想
事件の真相は蠱毒という霊を使った呪殺で対象は教師の松山。
安原は坂内の遺書を引き合いに松山を非難する。
一方、ナルは事件を解決するため蠱毒を呪者に返す呪詛返しを行うと言う。
呪者とは何も知らずに呪殺に手を貸していた生徒たち。
しかし、呪詛が返ったら生徒たちの命が危ない、考え直すようナルに迫る麻衣。
しかしナルの決心は変わらず、麻衣は「ナルなんか大嫌い」と言ってしまう。
麻衣は自分で除霊をしようと放送室に入るが、霊の力が強すぎて麻衣の退魔法では無理、逆に命の危険に陥り、坊さんに助けてもらう。
一人で突っ走ってみんなに心配させたことを反省する麻衣。

翌日、全校生徒は体育館で集会。
ベースでリンは呪詛返しを始める。
どうしても止めたい麻衣はナルに「人殺し。」と言ってしまう。
しかしその麻衣に坊さんは落ち着くように語る。
「ナルが今まで俺たちの期待を裏切ったことがあったか。」

呪詛返し終了。
慌てて体育館に駆けつけた麻衣が見たものは、生徒の名前が書かれたたくさんの人型だった。
そのほとんどがどこか傷ついていた。



完結編ですね。

今回の麻衣は叫びまくるわ、暴走して危険に陥るわ、暴言を吐くわ、最後はナルに先に誤られてしまう、と言う良い所なしでした。
自分で何か出来るわけでなく、何か別の手段を考えるでもなく、ただひたすら“それはイヤ”と。
麻衣の気持ちはよく分りますが、どうしても決断しなきゃいけない時もあるのですよね、きれい事ではどうしようもないって時が。
如何な冷酷なナルとは言え、何も感じないでいると思うほうがどうかしている。
それを諭す坊さん。
うーん、麻衣には坊さんが良いと思うんだけどなぁ。

呪いなんて信じないと言っておきながら、自分がそのターゲットと知った後はオタオタする松山に笑えた。
私もこいつが何もイヤな思いをしないって言うのが、すっごく残念。
どうせならもっと脅してやれば良かったのに。
すぐに助けるなんて言ってあげないで。

良い所取りのナルちゃんでした。
ほんとツンデレキャラの鏡だよ、君は。

次回からは『血ぬられた迷宮』
これは本当に怖いです。
夜の夜中になんてとても見られません。


スポンサーサイト

テーマ : ゴーストハント
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。