≪09  2017-10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『xxxHOLiC』 7/27 (7/28) 感想
テーブルをはさんで女性と侑子さん、テーブルの上にはワタヌキが出したコーヒー。
「出来るものならやってみなさい。」と侑子さん。

ワタヌキは侑子さんからダテめがね購入を頼まれて100円ショップへ。
その帰り道、信号は赤なのに、歩道から車道に歩き出して、スクーターとぶつかってしまった女性に会う。
女性は病院へ、ワタヌキはお花を持ってお見舞い。
しかし女性はワタヌキにその花束を投げつける。

女性はやってはいけないと思うことをやってしまう。
第一希望の入試の前には、わざと風邪を引くようなことをして落ちてしまった。
昨日の事故も、会社で大切なプレゼンがあると言うのに、わざと事故にあうようなマネを。

ワタヌキは侑子さんに言われて、女性をお店につれていく。
「やってみなさい、出来るものなら。」、それは女性がコーヒーを侑子さんにかけようとしているのが分ってのこと。

女性は分っててやっている。
花を投げつけたのは、お見舞いに来る様な優しいワタヌキなら怒らない。
コーヒーをかけても助けてくれるといった侑子さんは怒らない。
第一志望の学校も、仕事のプレゼンも、成功すればより大きな責任と言うプレッシャーが待っている。
それを受けられないようにすれば、そのプレッシャーから逃げられる。

侑子さんは女性にダテめがねを渡す。これをかけていれば、してはいけないことは、しないようになる。
本当はそんな効き目のある品物ではないが、それで習慣となって、しないようになるかもね。

女性はお店からの帰り道、手にダテめがねを持っている。
コンビニの前にはゴミ箱、捨てようかと躊躇する。
横断歩道、信号は赤。車が何台も通り過ぎる。
歩みだしそうになる足、女性はめがねを握り締めて耐える。
信号が青に変わり、車は止まる。
女性は歩き出す。


オリジナルですね。
なんか絵が可愛いかった、特に侑子さん。
おかけでいつもの妖しさがなくて、侑子さんじゃないみたいで。

さすがに車に飛び込もうとは思いませんが、こう言う様なことってありますよね、先の事考えると大変そうだから、良いや私は程ほどでって。
この女性の場合、自分を傷つけてでも先のプレッシャー等から逃げたかったのでしょう。
いつしかそれが習性となってしまったと。

ひまわりちゃんも百目鬼も登場なしで、一人ボケツッコミのワタヌキが寂しそうに見えたのは、私だけか?。

来週は百鬼夜行。
好きなエピソードです。
録画を忘れないようにしないとなぁ。



追記です。
おぼろさんのブログを見に行ったら、これは小説版が原作とありました。
訂正します。
↓ これらしいです。
×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル ×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル
西尾 維新 (2006/08/02)
講談社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : XXXHOLiC
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

こばは
『xxxHOLiC』 のDVDが発売されましたね♪  

借りてきてみようかと思ってます。楽しみですが、ちょっと怖そうでドキドキしてます(笑
>紳士さん
ごばは。

HOLiCのアニメは比較的、どの回も良くできてると思います。
私は恐いのは“超”がつく苦手なんですが、今のところHOLiC見て、「あぁ、こわいー。」と思ったことはないので、たぶん大丈夫かと。(笑
最近・・・
内容もですけど、BLOOD+とか手がけてるI.Gにしてはアニメの出来がいま一つのような気がします。
テニプリOVAとかもやっていて忙しいのは分かりますけどバトルだけがアニメの見せ場じゃないですものね。

OPの動く影、伸びる蛇といった人が気付かない風景の場面はとても好きなので、そういうところをもう少し見たいです。次回、期待♪
>おぼろさん
ですね、演出、それこそおぼろさんの言うような影や蛇、をもう少し考えても良いのにと思います。

次回は期待してます。
これをちゃんと作れないようなら、アニメーターではないぞ!!、と思うエピソードなので。
恐くないですよ、おぼろさんもきっと好きだと思います。(笑

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今回はコミックからではなく、こちらの作品を大川さんが脚本化してアニメにした回でした。×××HOLiCアナザーホリックランドルト環エアロゾル#17「ジショウ」どうしてもやってはいけないことをやってしまう女、塗絵。四月一日が出会った時も、横断歩道の赤信号で飛び...
「幸せになるには、それ相当の対価が必要。」という侑子。何かで、聞いた話です。
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。