≪03  2017-04/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『白狐魔記・戦国の雲』 感想
活字がページにいっぱい詰まった本を読む気がしない。
なのでずっとツンドクだった子供の本を読みました。

白狐魔記 戦国の雲 白狐魔記 戦国の雲
斉藤 洋 (2006/07)
偕成社

この商品の詳細を見る
白駒山の仙人の弟子となり、修行の後、人間に化け、やがて妖力(?)も使えるようになった狐の白狐魔丸。
人間に興味を持ち、日本史上の大きな事件や英雄達と遭遇し、またその近くの人に寄り添って数々の経験をします。
『源平の風』では源頼朝に追われて落ちていく義経一行に同行。
『蒙古の波』では執権・北条時宗の時代。蒙古襲来に立ち会う。
『洛中の火』では室町時代初期。楠木正成と出会う。

4作目の『戦国の雲』では戦国時代に長い眠りから目覚める。
今回も白狐魔丸が心を寄せるのは時代の英雄・信長ではなく、その信長を鉄砲の師匠の敵と狙う不動丸。


シリーズを通して、白狐魔丸は争いを嫌い、殺し合いを嫌っているが、「何故、人間同士は殺しあうのか。」の問いを抱えて、戦の場に近寄る。
その問いの答えをこの本は決して出してはいないし、また殺しあった時代の人たちを責めてもいない。
ただ“殺し合い”の時代に身をおく人たちの哀しさは伝わってくる。
その人たちを白狐魔丸が愛おしんでいる思いが感じられるのが、この本の良いところだと思う。

浅井が実は朝倉を切ろうとしていたが、信長のことを嫌いなお市に頼まれて、信長に対する立場を取ったという設定は、ちょーっと無理があるんじゃないかと思いましたが。

ますます力を持ってきた白狐魔丸のシリーズがこれで終わりかと思うと残念です。
でもこれはあくまで“仙人”や“山の守り主の狐”が人々に信じられた頃の話なんですよね。
江戸とか、明治時代までは何とかなるかなぁ。
白狐魔丸が長い間眠って目覚めたら、そんな時代ではなくなっていました、なんて想像するとすごく寂しい気持ちになりました。

信長の最後のシーンは、やっぱり信長って感じであっぱれ。
スポンサーサイト

テーマ : 児童書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

ようやく読みました
やはりこれで終わりなんでしょうか?
魂憑依中の狐の肉体についての謎は謎のままなのでしょうか?
私ももう少し白狐魔丸の物語を読みたいです。
>やまふささん
終わり方が『完』と言う感じではなかったですよね。
あれこれと謎も残っているので、気が向いたら続きを書いてくれるでしょうか。
期待したいです。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「白狐魔記 戦国の雲」斉藤洋著・高畠純画(偕成社・2006年7月初版第一刷)白駒山の仙人の下で化身の術を体得した狐・白狐魔丸は楠木正成の自害に立会い後、足利軍に正成の首を届けてから白駒山に戻った。戻ってからも何度か京に出かけては足利の世を見聞したが、人と関...
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。