≪09  2017-10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『BLEACH』 9/12 感想
白哉と狩矢の戦闘の場に駆けつけた一護は、卍解して狩矢に斬りかかる。
さらに白哉も卍解して狩矢を攻撃するが、白哉に協力して戦おうという気は更々ない。
こう着状態に陥る3人。
と、その場に強力な霊圧の攻撃が打ち込まれる。
攻撃してきた人物は蘭島、バウントを作り出した死神、そして芳野にそっくりだった。
古河が登場、狩矢を連れて一旦引く。
白哉も去ったところへ、今度は雨竜が登場。
一護たちは蘭島の家へ。
草鹿ではならず者達が多数集まっている。
その頃、ガンジュ達は草鹿のブルのアジトに到着していた。
蘭島の家でバウントの真実を聞く一護達。


せっかくちょっとはになってきたと思ったのに、芳野そっくりの蘭島を見てまたヘタレになっちゃったんですけど、雨竜・・・。

その蘭島、若く見えるけど、いろいろ作ってるからで、実際はお年を召してるそうです・・・ってまるでどこかの忍者マンガの影さまみたい。

白哉と協力して戦うなんて、そんな一護君、畏れ多くてよ。
と言うかですね、最後は白哉と一護が協力して狩矢を倒す、なんて展開だけは勘弁して。

その白哉、桜の花びらが大量に集まったように見える技なんでしょうが、ただのピンクの砂埃の塊なんですけど。
もうちょっと上手い描きかたがないものでしょうか。
顔も何だかごつかったり、ふっくらしてたりで安定してなくて、白哉兄様じゃないみたい。
ルキアが泣くぞ!!

えっとですね、ならず者達が集まったシーンが私には百姓一揆とかそう言うイメージだったのですよ。
セリフにもあったけど、「瀞霊廷によっぽど不満があるのでしょう。」ってことだよね。
そりゃ確かにならず者なんだけど、治めている瀞霊廷に問題ありありなんじゃないかと。
で、これは根本的な設定に係ってきて、オリジナルでそう言うのをやってしまうのはどうだろうと思ったりした。

スポンサーサイト

テーマ : BLEACH
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

ダメダメですー・・・
キャラの顔が安定しないなんてプロとして許されないですよね。
絵にもよりますけど作画監督さんの個性くらいまではセーフだと思っています。

魂魄、皆平等!に視聴者が賛同しちゃったら死神さん達の権威失墜ですね。
改造魂魄を含めて、オリ・キャラをプッシュするのもほどほどにしないと・・・。(>_<)
>おぼろさん
同じく私も作画監督さん“味”であれば全然気にしません。
でも見るたびにキャラの顔の印象が違うのって、問題ですよね。

もともと原作もソールソサエティについては矛盾があるのですが、何もオリジナルで陽の元にさらす必要もあるまいと。(笑

オリキャラを強く見せるために、原作のキャラたちがヘタレにされてしまうのは、許しがたいですわ。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

・・・・・・・・・・・・・・・・(怒りを抑えることがだんだんできなくなって・・・)・・・・・・・・何なんですか!!!この作画は!!!酷い、酷い、とオリジナルで何回も叫びましたよ!?でも、まさかブリでナルトやアンジェリークと同じように叫ぶことになるなんて..
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。