≪07  2017-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『No.6 ♯5』 感想
NO.6(#5) NO.6(#5)
あさの あつこ (2006/09/12)
講談社

この商品の詳細を見る
沙布を救うために人狩りに会い、矯正施設に捕らわれた紫苑とネズミ。
それは“低レベルの人間”達を殺すための施設でもある。
その中で何とか生き延びる紫苑たち。
一方、イヌカシは人狩りの後を見て、いつもは火器を使うのに今回は衝撃音波の武器を使用したことに気付く。
また紫苑に託された子供を引き取り育てることに。
そこに力河が訪れ、紫苑たちが戻ってこれるように外から手助けをしようと言う。
その頃、紫苑とネズミは第一関門と言えるべきところを突破、ネズミのかつての仲間の老と会うことに。
・・・と言うところで次回に続く。


動きのほとんどなかった前2作に比べれば、多少なりとも物語が進んだので、その点では面白かったです。
紫苑が素直な良い子というだけでなく、ネズミが感じている“恐ろしさ”が出ている巻です。

なんですがね・・・。
この本を#5から買っても、ページをめくれば続き物だと分ると思うんですよ。
なのでたいていの読者は#1から読んでいると思うのです。
もうネズミがカッコ良くて、紫苑が純粋なのは良く分ってますから。
お腹いっぱいです。
#5で今さらあちこちで書いてもらう必要はありません。
ネズミや紫苑が起こした行動、または言ったセリフで読者がそう感じられるシーンは別に構わないんです。
他のキャラに、紫苑やネズミの印象を語らせる必要はもうないでしょう。
その分、物語をちゃっちゃっと進めて欲しいです。
#1のスーディーな展開はどこに行っちゃったんでしょう。

それとBL臭いのはやめて欲しい。
私はゲイやゲイ小説をどうこう言うつもりはないのですよ。
海外ミステリーを読む人間としては、そんなもの珍しくも何ともない。
普通に隣人として出てきます。
だから紫苑とネズミがゲイならそれはそれでいっこう構わない。
だったらちゃんと書きなさいと言いたい。
二人のキャラともいかにもゲイでないような人物設定にしておいて、雰囲気だけは出す。
No.6が男同士で親愛の情を示すキスをする世界である描写が他にないのに、二人にそれをやらせる。
いかにもBLファンの萌えを狙ったそのあざとさがイヤなんです。

施設内部の描写も浅い。
残酷な状況だと言いながら、それも描ききれていない。
近未来に世界を設定した小説では、文明が現在よりも進みすぎていない分、(たいていの場合)過酷な状況を活写することで魅力が生まれると思っています。
紫苑やおそらく作者にとってはネズミが、どんなに魅力的なキャラであるかの描写はもう良いので、NO.6と言う世界を描いて欲しいです。
それともうちょっと話をスピーディーに進めて欲しい。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。