≪07  2017-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『NARUTO』 9/20 感想
公式ページにあらすじがUPされてないよ...orz...。

顔岩内部でゲンノウから説明を聞くナルト。
顔岩は断層があるため、それに沿って起爆札を仕掛ければ、顔岩は崩壊、崩れ落ちた岩は土砂となって里に流れ込み、木の葉の崩壊する。
一方ゲンノウの目的は顔岩にあると気付いたシカマルは下忍sと急ぐ。
ゲンノウが投げるクナイを多重影分身で止めるナルトだが、状況は不利、そこにキバ、シノが到着。
シノが虫でゲンノウをしとめたかに見えたが、ゲンノウは変わり身の術で逃走、別のトラップの場所へ。
しかしそこに下忍s達が結集、それぞれの技を使いゲンノウを追い詰める。
イノが心転身の術でゲンノウの身体を乗っ取るが、余りの痛みで術を解除。
ゲンノウは余命幾ばくもない病に冒されていた。
ゲンノウは口寄せの術で大きな鳥を召還、その足には起爆札があり、三代目の顔岩を狙う。
ナルトはチョウジ、ヒナタの協力の元、螺旋丸で鳥をし止めた。
ゲンノウの手の中の、亡くなった息子の写真はナルトにそっくり、その裏には“宝探しに勝ち得意げ・・・”と書かれていた。
結局、里には一人の犠牲者も無かった。
ゲンノウは息子にそっくりのナルトと宝探しをしていたのだろう。
しかしこれから来る敵はゲンノウとは違う、気を引き締めなければと思う、下忍sなのであった。


なんとなーくこうなるんじゃないかと予想はしてたんですけどね、話の最初の方でナルトとゲンノウの交流が描かれていましたから。
それにしても“木の葉の里=忍者の里”と言う大前提を無視した設定の上で危機を作ったあげく、もっと気を引き締めなければって・・・。
木の葉をダメダメな里にしたのは、とんでもないオリジナルを作り続けてきたぴえろさんじゃありませんか。
死を目前にしたご老人忍者一人に、ここまで里全体で右往左往させられるなんて、情けなくて情けなくて・・・。

良い事も言っているんですよ。
「木の葉の里はみんなで守る。」とか「三代目が守ってきた木の葉を・・・。」とか。
『NARUTO』が本来もっている良い部分が出たセリフだと思うのです。
それだけにもうちょっとちゃーんと設定を考えて欲しかったですね。

今回は第一部終了に向けて、下忍s(シカマルはもう中忍ですが)総出で、各々が得意技を見せてくれると言う、サービス興行的な回でした。
そしてみんなで木の葉を守って行こうと決意も新たにして終わりです。

スタッフさんって本当にヒナタが好きなんだなぁ。
アニメの中ではヒロインはサクラじゃなくて、完全にヒナタですね。

ところで第一部終了後のことですが・・・。
原作のストックは少ない、進みも確かに亀のようだ。
でもお願いですから一度原作に戻ってオリジナルはやめて下さい。
何かまさか第二部最初はジライヤとの修行をオリジナルで・・・なんて不安も浮かぶ今日この頃。
まさか・・・まさかね・・・ハハハ・・・。

スポンサーサイト

テーマ : NARUTO
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

サービス満点
でしたね。

これが木の葉の里ではなく里から近い別な町での出来事なら良かったんですけどね。または上層部で仕組んだ訓練とかなら・・・

でもシノもチョージも活躍していたので良しとします。

莫迦な!!!
あまりの情けなさに頭を抱えてしまいます・・・。
爺さん一人のお遊びに何やってるんですか!?はー・・・。

おまけに公式も使えなくて、あらすじを書くのにも脱力しました・・・。
>やまふささん
最期なのでサービス、と言うのは伝わってきたんですけどね。
確かに木の葉の里でなく、普通の町ならまだ納得もいったと思います。

もうオリジナルは見たくないなぁ。
>おぼろさん
見てる最中からぴえろに激しく怒りを感じてましたよ。
あまりにも木の葉の里をバカにしすぎじゃないかと。

公式ページで、“次回予告”なんだからとっくに情報なんて入ってるはずなのに!!、これまたお怒りですわ。(笑

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナルトのサクラが気になる人のためのブログです。ナルトのサクラについて語ります。
最初に一言、言わせていただきましょう!「くだらぬ・・・。」あらすじ・・・あら?公式に出てないよ!でも、自分で書く気も失せてしまいましたが簡単に・・・。顔岩にゲンノウを追い込んだナルト!しかし、自分のトラップを発動させたいゲンノウは起爆札、口寄せした鳥!..
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。