≪05  2017-06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『DEATH NOTE』 #2 (10/10) 感想
NOTEを使えるのは家にいるときだけ、学校、塾にも行かなければならないし、成績も下げられない。
空いている時間をフル活用して名を書くライト。
妹が部屋を訪れたとき、リュークが、NOTEに触れている者はリュークの姿が見えると言う。

ICPOで犯罪者が次々と心臓麻痺で死んでいく件が話し合われる。
しかし打つ手もなく、“L”に頼むしかないかと言い出すものがいる。
“L”とは難事件を幾つも解決したこの警察世界の影のトップ、しかし正体は誰も知らない。
そこにLと唯一コンタクトを取れる男・ワタリが登場し、Lは捜査を始めていると言う。

ライトはNOTEの安全のため、机の引き出しに仕掛けを作る。
社会ではライトの存在が“キラ”として話題になり始めている。
“キラ伝説”のHPをリュークに見せるライト。

ICPOによる世界同時生中継の特別報道。
“L”と名乗るLindが登場し、声明を発表する。
キラのしていることは犯罪であり、必ず捕まえる。
「お前のしていることは悪だ。」と言われライトは

「僕は正義だ。
神となる男だ。
神になる者に逆らう男こそ悪だ。」

NOTEに“Lind”と書くライト。
40秒後にLindは死ぬ。
そこに機械で合成された別の声。
LindはLではなかった、極秘に捕らえられ、マスコミには一切発表されていない死刑予定者だった。

「Lは実在する。
私を殺してみろ。
私は殺せないようだな。
殺せない人間もいると言うのは一つヒントをもらった。
この中継は実は関東地区のみ、お前は関東にいる。
キラ、また会おう。」

面白い受けてたとう。
「L。」
「キラ。」
必ずお前を見つけ出し捕まえる。
僕が私が正義だ!!。

やっぱり山口勝平さんは違うと思う。
まさかLを、難事件を解決する天才だから某高校探偵さんと同じとか思ってんじゃないよねー。
もっと可愛げのあるキャラなんですけども・・・。

あと、すごく気になったのがライトがガキっぽく見えるとところ。
例えばキラのHPのシーンの笑顔も“嬉しい”って顔してるし、ライトの挑戦に応じて「正義だ。」と叫ぶシーンの冷静を欠いた表情とか、違うと思う。
何だか傲慢な天才って言うより、分不相応にうぬぼれているただのおバカに見えちゃうんですが。

作画は安定しているのに、何か違うなと思いながら見ました。

学校のシーンでライトの机の横から顔を出したリュークが可愛かったです。
スポンサーサイト

テーマ : DEATH NOTE
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

これもかしら・・・
最近のアニメって視聴者に受けるキャラを意識しすぎだと思います。

ライトは原作を読んだ時、「神になる」と宣言したくらいの人物でなければ、と思う反面、スーパー高校生なんだ!!!というちょっと無理みたいなものを感じたので
多分、そこを修正にかかっているのでは・・・。

少しは高校生として身近な反応を示すライトにしたいのかもしれませんね。
それをあまりはっきりと出すようにしてはダメダメですよね。
>おぼろさん
もともと「神になる」なんて幼い傲慢さだと思っているのですが、その幼さも今から出てしまってはね。
追い詰められてどんどん露呈するところに面白みがあるわけで。
あぁ私ってイジワル。(笑

これからライトとLの心理戦の本番に入っていくのに、今から感情が現れすぎでは?、と思ってしまいました。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DEATH NOTE(デスノート)のアニメ第2話見たのですが、面白いです。デスノートは映画も明日やるようですが、これは後編が映画公開される宣伝も兼ねて、前編を無料で見せてくれるのだと思います。映画で前後編分けるのは珍しいですが、とりあえず前編は見ると思い
話の展開がはやっっ(笑)!!一挙に話が進んだ気がする。
DEATH NOTE TRIBUTE世界中の犯罪者が原因不明の心臓麻痺で急死すると言う異常事態を察知したICPO〈国際刑事警察機構〉により、各国の代表を集めて開かれた緊急会議。この得体の知れない大量殺人に各国の代表が危機感を募らせる中、出てきた「エル」と言う名前・・・....
DEATHNOTEの第2話を見ました。原作未読なのに心理学の授業でこの作品が取り上げられて、結末言われちゃったんだよね…。もうネタバレ気にする必要もないし、立ち読みでもしようかな…。第2話 対決「このノートに名前を書かれた人間は…死ぬ。さあ、どうなる?デスノート…..
デスノートの2話もやっぱり書くことに。公式ホームページによると、今週で全放送地区
第2話 「対決」  犯罪者を次々と消していく姿なきもの。 人は彼を、救世主キラと呼び始めた――  お待ちかねL様登場です。予想以上に声あってるし(笑)キラと呼ばれる月とLの宿命の対決がはじまります。 犯罪者のいない
今回も非常に楽しめました少しのシーンでしたがLがでましたよっ思うことは・・・・Lの声微妙にあわねえwwwwwwwww(あくまで想像上でのことですwもうちょっと暗めの声がよかったです・・あとワ
 畑先生もチェックしているアニメ版デスノート、第二話のレビューです。モブキャラの顔がちょっと手抜きかとは思いましたが、総じて作画のレベルは維持しています。 デスノートを手に入れ、独善的かつ一方的な判断(
DEATH NOTE 2話!あー毎週この日が楽しみだわぁ(*´Д`*)という訳で感想とあらすじをば(σ´∀`)σ
「間抜けすぎるぜ!L!!」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ∧_∧  ←夜神月    ( ´・ω・`)     ∧_∧    /     \   (    )何言ってんだこいつ.__| |    .|
原作の第1巻(第2話)の、ライトとLの対決。対決といっても今回はライトが、してやられただけだが。壮大な戦いが始まる、といったところですね。ワタリの声が思ってたのと違うな~、渋いのはわかるけど。Lの声がウソップだし(声優詳しくないです。まぁ割と、Lのキャラと
小林清志!!いや~遂に出ましたねぇ小林清志。よっコバキヨ!もう小林清志さえ登場してくれれば、リュークが随分のっぺりしていようが、月が大声でテレビに応えようが知ったこっちゃありません。小林清志のためなら月のモノローグだって我慢しますよ。小林清志さえ活....
ついにLの登場ですね!「僕が・・・私が・・・正義だ!」「対決」罪あるものにデス・ノートで裁きを下しながらも普通の優等生を維持しなければならない月。妹が部屋に入ってきたことでデス・ノートに触れたものは誰にでリュークが見えるようになってしまう。それを今頃知..
第2話「対決」死神リューク学校へ通う の巻~♪リンゴたべて~♪「ではリューク君、今のところを翻訳して!」「は~い♪わっかりませ~~~~ん♪」リンゴ食べて~♪おべんきょ~おべんきょ~楽しいな~♪毎日食べたいおリンゴ~♪デスノートに触れた
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。