≪07  2017-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『D.Gray-man』 #4 (10/24) 感想
AKUMAがレベル2に進化、アレンを能力ごと写し取る。
防戦一方のアレン、AKUMAの攻撃にやられ、瓦礫の下に埋もれて気絶。

AKUMAは進化すればするほど、ダークマターは成長・強化、自我を持ち、言葉を話し、新しい能力を持ち、格段に強くなる。
アレンは勝てない、遅かれ早かれ、神田たちのところに来る。

自分が“マテールの亡霊”と言うのは人形のグゾル。
マテールは厳しい気候の“神に見放された土地”。
人々は一時その辛さを忘れるために人形を作った。
踊り歌う人形、町は滅んでも、イノセンスを心臓にした人形は動き続ける。
それが“マテールの亡霊”。

人形を連れては動けない、心臓を欲しいと言う神田。
壊さないで、隠れれば良いと言うグゾルと共にする女の子・ララ。

トマは神田から送られてくるゴーレムと共にティムをつれて来るように命令を受ける。
そこにAKUMAが・・・。

神田が振り向くと、グゾルとララは逃げていた。
そして地下の隠れ場所へ。

やっと意識を取り戻したアレン、神田の元に急ぐ。

神田の元にトマがティムをつれて到着、神田はさっそくティムの映像をチェック、AKUMAが鏡の様にアレンの能力を写し取ったことを知る。

アレンが神田の元に来るが、左右が逆、と言う事は本物ではない。
神田はイノセンスを発動、しかし邪魔が入る、本物のアレンだった。
アレンの左目で見ると偽アレンはAKUMAではない、それはアレンの皮をかぶせられたトマだった。
真のAKUMAはトマに化けていた、攻撃を受ける神田。
「俺はあの人を見つけるまで死ぬわけにはいかねぇんだよ。」
そこへアレンがイノセンスでAKUMAにパワーアップした攻撃。
神田とトマを連れて隠れられる場所を探すアレン。

グゾルとララ。
グゾルは咳き込み、血を吐く。
「眠りたい。」と言うグゾルに、ララは子守唄を歌う。
その声が地下から響いている事に気付いたアレンは、地下への入り口を見つける。
ララとグゾルがいる場所にたどり着いたアレンたち。
歌うララの姿を見て、アレンが気付く。
「あなたが人形、“マテールの亡霊”だったんですね。」


夜な上に、“亡霊”の雰囲気を出すためなんでしょうが、いい加減クリアな映像で見たいなぁ。

AKUMAがレベルアップして強くなったからって、弱気になっちゃうアレン君。
一方、イノセンス回収のために冷酷になりきる神田。
本当に両極端なコンビでございます。

アレンの皮をかぶせられてたトマの、その皮をとるシーンとか想像するに相当グロイと思うんですが、やっぱりアニメなのでサラッと流しましたね。

神田、今回はAKUMAに結構やられちゃってるけど、お顔を見てると、ちっともそんな風に見えなかったわ。
綺麗なままのお顔で。
もうちょっとリアリティのある表情にしましょうよ。
きつそうな顔で「死ぬわけにはいかねぇんだ。」と言うところにカッコ良さがあると思うんだけどなぁ。

アレン君って華奢なのに、片方の肩を神田に貸して、もう片方にはトマをかついで・・・。
意外と力持ちだったんですね。
そして方向音痴設定も出ましたね。
“大食い”で“方向音痴”で“力持ち”と言う、可愛い顔からは想像できない多面性を持つアレン君です。

次回で“マテールの亡霊編”はおしまいでしょうか。
好きなエピソードなので、綺麗にまとめて欲しいです。

スポンサーサイト

テーマ : D.Gray-man
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

こんにちは☆
アレンの力持ちぶりには驚きですね。
もやしって、神田はもう言えませんよ(笑)

神田はあれですよ、武士はくわねど高楊枝って奴で(全然違・・
>もるがんさん
トマ一人をかつぐだけでも大変だと思うのに、神田に肩を貸し、階段降りてましたからね、凄いです。

そうか、神田は痛いと思ってても涼しい顔をして見せているのですね。
うーん、そう言うやせ我慢の男も好きだなぁ(笑。
DVDレコーダー故障のため録画を見返すことが出来ず、放送時もチラチラと見ただけだったのですが、mamさんの感想のお陰で補完できました。ありがとうございます。
ほぼ原作通りだったようですね。
神田がやられてるところ見たかったわ。(見たときはアレンに運ばれていたので)
グゾルがはじめてララに出会うところ好きなんですよ。素直な気持ちのグゾルがララの心を溶かすようで。
この場面はあったのでしょうか?
>やまふささん
レコーダー、大した故障でないとよいのですが。

グゾルがララと出会うシーンは来週になると思います。
私もあのシーンが好きなので、楽しみです。

レコードーの修理、間に合うと良いですね。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ララの歌がきれいでした。目を閉じて聴いていたい。そう、目を閉じて!ちょっとちょっと!絵、崩れてませんか?ララの歌声がきれいなだーけーにー!原作はあんなにかわいいのに、なんかのっぺり…(-_-|||)ううう、なんか勿体無い!き、気を取り直して、アレンの方向音痴っ..
■D.Gray-man■
今回も神田の出番があって嬉しい~けど、神田が神田が・・・・アレンは、鏡のように写ったものの姿形をそのまま写し取りエクソシストの能力までコピーする力を持つレベル2のアクマに苦戦していた。戦闘中、アレンはうかつにもそのアクマに自分の姿と左腕のイノセンスの能..
録画してた少年陰陽師を見終わったので、同じく録画してたD.Gray-manの第4話を見ました。さっさと見ないと録画したまんまになってしまう…。第4話 土翁と空夜のアリアアレンの姿に加え能力まで写し取ったアクマに対してアレンは防戦一方。一方の神田はマテールの亡霊と共..
だんだん絵の雰囲気がつかめてきたのですがキャラ・デザインの詰めが甘い?顔や髪の毛の影の付け方とか。演出もバトル・シーンはまあまあだけどアップの見せ方、緊張感、汗とか物語を追うだけの展開でちと物足りない・・・。原作を読めば、与えられた画像だけでなくもう少..
しかしエクソシストって本当に強いの?そんな疑問で一杯の回でした。妄想感想いきます。
第4話「土翁と空夜のアリア」LV2に進化したピエロくん。触ったモノを写し取り、その力までをも自分のものにしてしまう!だけど・・・致命的なのは、鏡写しでバレバレということだった(笑。ピエロくんに突き飛ばされたモヤシくん。星4つ半です!じゃなくて、
= 第04話:「土翁と空夜のアリア」 ={{{アレンはレベル2に進化したアクマに苦戦する。このアクマは鏡のように対象物を写し取り、能力までもコピーする力をもっていた。アレンはうかつにも自分の姿と左腕のイノセンスの能力をコピーされてしまう。一方、神田はイノセンス
        「土翁と空夜のアリア」リナリーが出ないorz 悪くもないんだけど、良くもないような?そんなことはないのかな。 とりあえず、のんびり話が進んでいく印象。何クールという縛りは基本的に
サラサラストレートヘアーキタ━ヽ(*´∀`)ノ━! 今回一番楽しみにしてたのは神田のポニテが解けるシーンだったりw暗すぎて一瞬誰かわかんなかったけど(だって神田の髪の毛が背景の闇と同化してたんですもんw)ポニテ
D.Gray-man 第4話感想いきます。
神田先生の解説により、AKUMAの事が色々解りましたな!それにしても、進化する兵器とは千年伯爵とやらは、とてつもないものを作り上げたものです。そしてマテールの亡霊の正体も明らかに。枯れた、希望の無い街で僅かな慰みを人々が得る為に作られた人形ララがイノ....
『土翁と空夜のアリア』神田もツインテールにしてはどうですか?(マテまあ、それはいいとしてw ここで言わないとイケナイことがありますね。 スタッフさんたち・・・画面暗すぎ!! どういうつもりか知らないけ
D.Gray-man4話マテールの亡霊って人形なのね心臓にイノセンス搭載となると使うためは分解ということになるのかトマに化けるだけじゃなくてトマをアレンに偽装してるけど第2段階?の悪魔相当頭良くなってる?ララの
第4話 「土翁と空夜のアリア」  …俺はあの人を見つけるまで死ぬわけにいかねぇんだよ――。 大昔滅びた町マテール。そこに現れる亡霊の伝説。 町の住人だった亡霊は、孤独を癒すために旅人をひきこむ――。 マ
 今回は、追い詰められてゆくエクソシスト達のお話。 神田さんが予想したとおりにアクマも頭を使ってきて、意外にやるなという印象。レベルも2になるとすんなり勝てる相手ではなくなるらしい。この辺りの設定が「いかにも」。分かり易いけどね。 自らの能力をコピーされ
今日もオカッパな神田です。アレンも妙に大人びていますよ。前回の続き、マテールでの攻防からスタート。アレンの背後にもう一人のアレンが・・第4話 「土翁と空夜のアリア」レベルIIに進化したアクマ(洋服にもIIとこれみよがしに(笑))は格段に強い。アレンは苦戦しま...
グゾルが人形だと騙されましたよ、私(笑)
神田のポニテ解けたー!(´▽`)やばい…原作で読んだときも相当ドキドキしましたが…やっぱりアニメーションって(・∀・)イイ!!今回はララの歌も☆※ネタバレあり
D.Gray-man (1) ジャンプコミックス (コミック) 星野 桂このアイテムの詳細を見る 岩と乾燥した気候。照りつける厳しい陽光。マテールはかつて人々から「神に見放された地」と呼ばれていた。絶望と苦しみに生きるマテールの民は、一時それを忘れるために人形を作ったのだ。
写し身の能力を要したレベル2のAKUMA。彼らはレベル1とは比べ物にならないくらい格段に強い。アレンは自分の能力を写し取られ、なすすべもなく吹っ飛ばされてしまうのだった。結果を予測していた神田。グゾルにAKUMAに奪われる前にイノセンスを渡せという。だ..
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。