≪09  2017-10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鋼の錬金術師 13巻・感想
本日発売でございます。
えぇ、起きてすぐにコンビニに駆けつけましたとも。
これの感想は書かないわけには行きません。
えぇと、確か12巻のラストは大ピーンチ!!、じゃなかったっけか。
・・・という感じで始まりました。相変わらずシリアスにはなり過ぎないんですね、このマンガは。
エド・アルvsグラトニー、リンvsエンヴィーの戦いに。
でエド、リン、エンヴィーがグラトニーに飲み込まれてしまいます。

一方、ロイ大佐、ヒューズの「軍がやばい」は軍そのもののことだったと知ります。

ちょっと短慮すぎないですかね、ロイ大佐。
中枢も「やばい」状態なのは分ってたんだから、慎重にも慎重をきして事を運ぶべきだったんじゃないか。

さて、グラトニーのお腹の中。
さんざん歩き回っても出口も壁にも行き当たらない空間。
合流したエンヴィーから“お父様”が作った擬似・真理の扉であると聞きます。そして決して出られない場所であると。
そして本性を表すエンヴィー。

やっとみせてくれた姿ですが、“お父様”の作った初期タイプでしょうかね、そもそも人間として作ろうと思ってなかったんじゃないの?、って感じですが。
グロテスクであることは今までの表現から分ってた事ですが、もうちょっと人の形に創ろうとしてダメだった、と言う方がゾッとする怖さが出たと思うんですがね。
それとこのシーン、アニメで見なくて良かったわぁ。
グラトニーのお腹の中は一面、血の海だそうですよ。
白黒だから見てられるけど、色ついてたらリアルすぎてちょっと・・・。

場面転換。残ったアルとグラトニー。
何か手はないかと考え、アルはグラトニーに“お父様”の元に連れて行くように仕向けます。

一方、ロイ大佐。完全にブラッドレイに抑えられた状態に。
部下は各々地方へ転属になり、内ホークアイは大総統付き補佐に。

まぁ、人質のようなものでしょうか。

スカー、メイ・チャンのペットを探し中にアルとグラトニーを見かけ、後を追います。

本性エンヴィーと戦っていたエド、リンですが、エドが脱出の方法を思いつきます。

ブラッドレイ、自分がどのように「憤怒」として創られたかをロイに語ります。
そしてホムンクルスにも矜持があると。

エド、脱出手段はエンヴィーの核となっている賢者の石を使い、生きた人間を人体練成し直す、と言うもの。
練成の為に手を合わすエドの姿に、まるで神の祈りじゃないか、と思うリン。
真理の扉の前に行き着いたエド、しかし扉は2つ、しかも片方の前には持っていかれたアルが。
連れて行こうとするエドにアルは「君は僕の魂ではない。」と。
だから一緒に行けないと言うアルに、必ず迎えに来ると約束するエド。
“お父様”の元にたどり着いたアルとグラトニー。
そしてグラトニーのお腹から脱出できたエド、リン、エンヴィー。
この場に向かいつつあるスカー。
役者が揃いつつある状態でエンド、次巻へ。


印象的なのはやはり「神の祈りじゃないか」でしょうかね。
エド自身が祈りを捧げている、って言うのじゃないんですけどね。
この場合の神は、宗教のものではないでしょう、どだいエドとリン、あれだけ文化的にも違う事だし、宗教があったとしても全く別のものでしょう。
この世界を創造するもの、といった存在でしょうか。
神の領域を侵して自分の願望を推し進める“お父様”と、
自分達を取り戻すためとは言え、それは人としての領域を超えていることを自覚し、それでも進もうとする事に畏れを抱くエド。
更にこのシーンはエンヴィーの賢者の石を使うわけで、その石を作るために犠牲になった多くの人々を利用するわけです。
それに対する畏ろしさもあるでしょう。
神に対する畏怖の気持ち。
これからストーリーは核心に近づいていくわけですが、エドと“お父様”の違いを象徴する表現だと思いました。




スポンサーサイト

テーマ : 鋼の錬金術師
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

トラバってみました
mam姉さんも購入されましたか 最新刊。
私も感想を書いたので、トラバしてみました。

正直、ロイの動きは本筋から遅れ過ぎているので 軽く流してしまいました。感想すら書いてませんわ(笑
エドが主人公らしく本筋を攻めているのに対し、ロイは大人の事情を紐解いているんですかね。
mam姉さん同様、ロイの行動は浅慮と思いました。

掌を合わせる姿に神の祈りを見るシーンについては、畏怖よりも真理を感じてしまいました。
真理に到達した者自信が練成陣であるなら、その人自信が既に神であり人である・・・ってな感じですかね。
多くの命によって助かる現実に対する畏ろしさと言うのは、mam姉さんの感想でハッとしました。

またチャットで熱く語りましょう♪
みはるさん、ありがとうございました
私もトラバさせて頂きました。
失敗も致しましたが・・・。v-292

記事、読みました。
相変わらずみはるさんの読み方は深くて、私も「そうか、そうだったんだな。」と思うところが多かったです。
こころの広いみはるさんに付け込んで無理なお願いもしてしまいました(テヘッ。

あぁ、早くチャットで語り合いたいです!!。
どうもトラバが楽天とFC2さんは相性が悪いんですかねー?
弾かれてしまうー!

今回は本当に魂、身体、命という人間の定義について疑問を投げかけられた巻でしたねー。
エドと同じく人間とは、形とは、と考えさせられました。

そしてそれを踏み台にしなければアルを取り戻せない苦汁の決断が来そうです、エド・・・。

この世界がどのように流れていくのか、心配ですね。
時々出来ないんですよね
楽天へのトラバって。
何故なんでしょうか。

ハガレンは読むたびに考えさせられます。
テーマは重いんですよね。
出てくるキャラたちの性格と、程よくちりばめたギャグで読む側に負担を感じさせないですが、作者が言いたいことはちゃんと伝わるように思います。
そのへんのさじ加減が上手いなぁといつも感心します。
たびたび!
できましたー!トラバ!
嬉しいです!
これからも付けられると良いです!v-218

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

発売日に開店ダッシュでトランプ付きをゲットしたのにじっくり読めたのが今日でした・・・。コミックス 鋼の錬金術師 13 特製トランプ付き今回も読み応えがありましたねー。エンヴィーのドロドロ・キャラをずっと見ていたので画面が重く感じました。グラトニーの腹に飲..
久々に内容とイラストが合ってるじゃん(笑本日発売の「鋼の錬金術師」13巻 入手いたしました♪ 感想なんぞ書いてみますか。とても不案内の感想なのであしからず・・・あらすじとか書かないよ~ん。相変わらず難しい・・・ 人間とは何か 考えちゃいますな~。人造人間
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。