≪07  2017-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『結界師』 #4 (10/30) 感想
いつもの様にあらすじはとっても立派なHPに詳しく書いてあるので、そちらでどぞ。
『結界師』公式HP

すごいよね、ここの“あらすじ”。
これ位に詳しく書いてあると、見忘れたとしても安心だわ。
一回見ただけでは分らなかったところとかも、確認できるし。
何よりもマンガによくある凝った名前とか当て字の漢字がHPで分る。

・・・で感想です。

戦いのシーンが多かったけれど、スピーディーで面白かったです。
戦い方は結界で囲んで滅すると言う極めて単純な作業の繰り返しなんですが、それを使ってどう戦うか、が見所なんですね。
なので相手の動きを封じるためにまず足だけ滅する、なんてことも考えながら戦うのです。
私が『結界師』の戦いのシーンで好きなのは、そう言う点ですね。

夜未がちょっと感情的すぎたかな。
特に、ラストの良守からヨキの角をもらってから、小さなヨキが再生した後までの流れね。
怒ってひねくれて悪態ついてたかと思うと、あっと言う間に感涙で、これをやりたいのならもう少し時間をとってじっくりとやってもらいたかったですね。

ヨキを殺さずに済まそうとする良守は確かに甘いけれど、何とか解決法を探そうとするのは夜7時の子供向けアニメにふさわしいと思うし、それはそれで私は好きです。
スポンサーサイト

テーマ : 結界師
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

前半見損なっていたのですがmamさんお勧め公式HPのあらすじを読んで大方わかりました。ありがとうございました。
良守や時音が限られた方法をうまく使って攻撃するところがオセロとか囲碁とかに似て単純だけど奥が深いなあと思いました。
裏会の方々、油断も隙も見せられない集団に感じました。今後も協力したり戦ったりするのでしょうか?

>やまふささん
裏会は良守のお兄さんもいるし、なかなか大変な組織なので、これからたっぷり出ると思いますよ。
お兄さんが出てくるようになると、大分ストーリーも動いてくるので、面白いです。
バトルに比べると・・・
気持ちの動きが少し唐突だったですよね。
夜未もそうでしたけど、良守も結構、落ち着いてバトルをしていたのであたふたしていた彼と少しギャップを感じてしまいました。
最後に時音(でしたっけ?)が「できるようになった」と言っていましたけどねー。
>おぼろさん
言われて見れば、急に戦いを楽しんでるかのような良守は違和感がありますよね。
もうちょっと大事に描いてくれると、より良くなると思うのに残念です。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

先週から思っていたことですが、ヨキってなんだか憎めないところありますよね。夜未さ
自分が相手の立場になってみなければ分からない。今、一番大事にして欲しい気持ち。私も抜けているので後悔することが多々あるんですけど・・・。夜未もやっと時雄の気持ちが、そして良守の気持ちが分かった。「大事なものを守りたい!」「彼女の大事なもの」拘束されてい..
僕は強くなりたいんだ!スリムになりたいんだ!夜未が烏森を乗っ取ろうとしたのは、弱いとさげすまれていた自分の鬼・ヨキを、強くするためだった。烏森の地の力を得たヨキは、夜未の期待に応えて強くなろうと変身を始める。見て!この体凄いでしょ。力もみなぎるんだよ力..
第三話「美しき鬼使い」 裏会から、任務は極秘扱いで春日夜未が訪ねてくる。雪村家で世話をすることになったが、度々父、時雄の話をされて、時音は死んだ父を思い出し、暗い気持ちになる。察した良守が時音を気遣うが・・・・・翌日、烏森学園に行くと夜未が来ていた。良守
第四話  「彼女の大事なもの」   悲しき鬼使いの話、夜未とヨキ後編。 そして、裏会実行部隊の顔見せになります…  夜未とヨキの前に危機に陥った時音。時音ラブな良守は縄を食いちぎって助けにきます。結界師は歯が
結界師の第4話を見ました。次回はパティシエさんの登場か…。第4話 彼女の大事なもの昼は普通の高校生・雪村時音と中学生・墨村良守は今は学校が建つ烏森の地を妖から守るのが2人に課せられた使命である。もうこんな鬼しか残っていないと連れられてきた幼い夜未は鬼にヨ...
コナンとのつなぎは毎週なんですか・・・!?じゃぁこの際コナンの感想も一緒に書こうかな(ってぉぃ...)今日のコナンについてやったらいっぱい書きたい事あるんやけど(笑)正直こっちよりいっぱい書けそうなんですけど(笑)とまぁ、それはいいとして、結界師
力を欲し、力に溺れた鬼のお話。
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。