≪05  2017-06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『D.Gray-man』 #5 (10/31) 感想
「あなたがマテールの亡霊だったんですね。」
いきなり柱を持ち上げて投げつけるララ、アレンはイノセンスの手でそれを止める。
「事情があるなら話してください。可愛い子相手に戦えないですよ。」

マーテルは神に見放された土地、厳しい気候と日差しを避けるため、人々は地下に住居を広げていった。
彼らはイノセンスを見つけ、それで歌い踊る人形を作った、辛い日々を一時忘れるため。
それから数百年、街が滅び、歌を聞く人が誰もいなくなっても、人形は動いていた。
ある時、少年がやってくる、人形は彼に「歌はいかが。」と問う。
私は人間のために動くのが存在理由、“お願い、歌わせて”。
「僕、グゾルって言うの。歌って。」
グゾルは人形に“ララ”と言う名をつけ、二人はずっと一緒だった。
グゾルの命はもうすぐ終わろうとしている。
グゾルは「私が死ぬとき、私の手でおまえをとめさせておくれ。」と言った。
だからあと少しだけ一緒にいさせて、最後までグゾルの人形でいさせて、その後で心臓(イノセンス)をあげるから。

「ダメだ。いつAKUMAが来るか分らない状況でそんな時間はない。いますぐ心臓を取れ。」と神田。
「取れません。」とアレン。
「犠牲があるから救いがあるんだ。」と剣を抜き、ララに突きつける神田。
「僕が犠牲になります。AKUMAを破壊します。犠牲ばかりで勝つ戦争なんて虚しいだけ。」
アレンを殴る神田。
「とんだ甘さだな。可哀想なら他人の為に自分を切り売りするってか。お前に大切なものはないのか。」
「大事なものは昔なくした。」
大きい世界より目の前のものに目が向く、だから守れるなら守りたい。

そこにAKUMA登場、グゾルとララを突き刺し、イノセンスを奪う。
アレン、イノセンス発動、しかも怒りに反応して、武器が作りかえられている。
銃タイプに変化した武器で、AKUMAを撃ちまくるアレン。
しかし砂の皮膚をまとっているAKUMAは壊せない、アレンをつかまえて自らの体内に。
さらに自分の腹を刺すAKUMA。
中から撃ってアレンがAKUMAの腹を破って出てくる。
“イノセンスが神経を伝い、脳に直接教えてくれる。新しい武器の使い方を”
今度は剣に変化、AKUMAを二つに切り裂く、砂の皮膚が砕け散る。
コピーした武器の手で対抗してくるAKUMA。
“グゾルはララを愛していたんだ、許さない。”

たとえ同じ武器でも使い手が違う。
対AKUMA武器を真に扱えるのはイノセンスに適応したエクソシストだけ。シンクロすればするだけエクソシストは強くなる。

しかしアレンはリバウンド、武器が消滅。
アレンに襲い掛かるAKUMAを止めたのは神田の剣。
「この根性なしが。こんな土壇場でへばってんじゃねえよ。甘いヤツは大嫌いだが、口にしたことを守らないヤツはもっと嫌いだ。」
「ちょっと休憩しただけですよ。」
「いちいちムカつくヤツだ。」
AKUMAの手を切り取る神田の剣。
アレン、再びイノセンス発動。
神田も発動、二人でAKUMA撃退。

イノセンスを取り戻した人形は再び動き出す。
「ララ、大好きだよ。」
それはもう“ララ”ではなかったけれど、死の眠りにつこうとするグゾルの為に、子守唄を歌う人形。

外で待ち続けるアレンに神田はコムイからの指令を伝える。
神田は次の任務、アレンはイノセンスを持って教団へ。

「辛いなら人形を止めてこい。」
「二人の約束です。ララを止めるのはグゾル。」
「甘いな。エクソシストは破壊者、救済者ではない。」
ララの歌が止んだ。

グゾルが死んで三日目の夜、ララは止まった。
「ありがとう。壊れるまで歌わせてくれて。これで約束が守れたわ。」

「神田、それでも僕は誰かを救える破壊者になりたいです。」


あぁ・・・、あらすじが長くなってしまった。
だって神田がもぅぅぅ・・・

カッコ良すぎです!!!。

ララの心臓を取れと怒鳴った後で、ストレートの髪を揺らし、さらしを巻いた裸の姿で荒い息をつく姿。
痛々しいけど、素敵。

リバウンドのアレン君を助けつつ、怒鳴りつけるセリフがナイス。
君をプリンス オブ ツンデレと呼んであげよう。
もうひたすら神田を目で追い続けた30分間ですよ。
原作の神田はもっと別嬪さんですが、そんなものは脳内変換で補いましたわ。

アレン君と神田って良いコンビなんだよね。
アレン君は甘ちゃんだし、神田はシビア。
お互い、少しずつ影響しあって、上手く歯車が回れば良い結末を得られると思う。
もっとも仲がえらく悪いから、歯車が逆回転したら最悪か。

「可愛い子相手に戦えないですよ。」なんてアレン君も言うじゃない。
その気もなしに女の子くどいてしまってるタイプかな。

このエピソードは原作の中でも本当に好きなので、特にグゾルとララのシーンをきちんと描いてくれて嬉しかったです。

これでアレン君と神田はお別れ。
しばらく神田は出てこないんだよね。
この後も話は好きだし、他のキャラも嫌いじゃないんだけど、やっぱり寂しいわ。

スポンサーサイト

テーマ : D.Gray-man
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

プリンス オブ ツンデレ( ゚д゚)
こんにちは☆

今回は話も良かったですが、神田も良かったですねえ・・普段クールな彼がヘロヘロでグッタリな所が( *~∇~)ノ

アレンもなにげにナンパの腕前を発揮しておりましたが(笑)

アレンの「戦う理由」を出してくる事で今後の展開も予想させるという・・今原作はもたつきぎみなので(神田の戦いはのぞく (ノ∀`)オイ)アニメで楽しめるのがうれしいです。
>もるがんさん
そうそう、普段強いことを言っている彼がぐったりしている姿がもう・・・(笑。

原作は確かにもたつき気味で、雰囲気も変わってきましたね。
これからの展開がちょっと心配です。

しかしアニメの方はこれから好きなエピソードが続くので、楽しみです。
ぼろぼろの神田さん、解説に甘んじることなく大活躍でしたね。
神田とアレン両極端な二人ですが良いコンビですよね。こんなことを言うと神田に嫌われそうですが・・・

原作、確かにもたついてますね。
今週のジャンプで神田の過去が出るかと期待していたのにスキンの過去でしたもんね。それはそれで興味深かったですが・・・
来週は作者取材のためお休みらしいです。は~。
萌えるmamさんが素敵♪
うふふ、私よりも盛り上がっているmamさんを拝見すると私も心置きなく叫べるというものです!(思い込み!)

神田が甘い!とか言いながら最後までアレンを叱咤するところが良いですよねえ!
髪の毛バサー!も今回は良く見えたし満足でした。
頑張って原作修行します!
>やまふささん
神田の解説場面は“ご丁寧にどうもありがとう”って感じでした。(笑

神田の過去ってずっと放っておかれてますよね。
作者も描くのを忘れちゃったのではないかとすら思ってしまう、今日この頃です。
せっかく原作に出て来ている今、是非書いて欲しいです。
あぁ、そうなったらきっと買っちゃうんだろうなぁ、週刊ジャンプ・・・。
>おぼろさん
いやー、昨日は盛り上がりました。

私の好きなタイプの性格が、てんこ盛りでしたもの。
特に痛々しい姿ながらも強がっているのに私は弱いのです。

そんな神田もアニメでは当分お預け。
トホホです。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「可愛いコ相手に戦えませんよ」でたー、アレン、天然たらしだ!(爆笑)って、ストーリーは笑い事じゃありません。原作を読んで内容を知ってるだけに、ララが過去を語りだしたとたん、泣けました。それにしても、原作のララは結構怖かったんですが、(だからよりいっそう..
D.Gray-manの第5話を見ました。第5話 子守唄を聞かせてアレンに正体を悟られたララはアレン達に攻撃をし始めますが、アレンに止められ事情を話すことになります。マテールの街から民が去って500年。人形であるララを受け入れてくれたのは、迷い込んできたグゾルだけで、...
マテールの亡霊・完結編‐それでも僕は誰かを救える破壊者に成りたいです‐妄想感想いきます。
D.Gray-man第五話「子守唄を聞かせて」マテールの亡霊はグゾルではなくララ、かつてこの町で作られた歌を歌い踊る人形。その中に心臓として入れられたのがイノセンス。死期が迫りつつあるグゾルは死ぬまでララと一緒にいて、自分が死ぬ時ララを止めることを願っていた。ま..
悲しくて泣けましたなんて切ないんだろうイノセンスを所有していたのはグゾルではなくララの方であった。彼女はイノセンスの力によって生命を得た人形だったのだ。グゾルの死期が近いことを知るララは、彼が死ぬその時まで彼の人形として側にいさせて欲しいとアレンに頼む..
普通にいい話でした。でも戦闘シーンはしょぼかったです。アレンが一番好感をもてます。以下感想(キャプ付)
アレンは二人の最期だけは守り通しましたな・・・・。ララの歌は空に溶け、風になり地を遍く巡りグゾルに届いたでありましょうか。時を止めた後は、空夜の中でグゾルと共に果てる事の無いアリアを歌うのでありましょうか。イノセンスの力では救えないかもしれない、ただ....
犠牲があるから救いがあんだよ、新人神田かっこいい…!!!!!残念だったのは、神田関係で省かれたシーンがあること…。・゚・(ノд`)・゚・。 ※ネタバレあり
D.Gray-man 第5話感想いきます。
D.Gray-man 第5話 「子守唄を聞かせて」  それでも…、撲は誰かを救える破壊者になりたいです―――。  人のために創れ最期まで人のために唄った人形と、人形を愛した孤独な人間の物語。 マテールの人形編終章。
第5話「子守唄を聞かせて」あらら、昔のララは恐すぎですよ!泣く子も黙るララ様にグゾル坊やは逆らえなかった!「坊や、歌はいかが?」「(さ、逆らえない。恐すぎる。ここは取り敢えず笑顔だ!)・・・・・う、うん。エヘ♪」さて、地下へやってきたモヤシはラ
       「子守唄を聞かせて」 デレった、神田がデレったぁぁぁΣ(゚Д゚ υ)  そこまでではなかったですか?リナリーが出ない状態を補完するにはもうそれしかなかったもんで。 何気にエグイ
どこの手塚治虫ですかとどこの「火の鳥」ですかと思う内容ですが・・第5話 「子守唄を聞かせて」アレン達がたどり着いた地下室。正体のばれたララが、イノセンスを取られると勘違いして太い柱をもぎとってぶん回します。アレンに負けない位に力持ちですよ、ララ。慌てて...
 うん…そうか…今回もリナリーはおあずけかぁ…まあ次回に期待しよう。今回は、マテールの亡霊の悲しいお話について。そしてアレンが大幅にぱわーあっぷぅ! …ハァ… 2週間もリナリー勃断ちをしているとテンションが上がらんね。まあお話の方は第一話につづく良いお話
ララが( >Д<;)
 「それでも僕は誰かを救える破壊者になりたい…」。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`) 原作でも泣きましたが、案の定この管理人はアニメでも泣きました…。゚(゚*´Д⊂グスン 二人の出会いでもうかな
『子守唄を聞かせて』「ハイ、グゾル。私はグゾルのお人形だもの」 なんかエロいと感じるのは、たぶんダメなんですよねw わかってるんです。でも、やっちゃいました。目をつぶっていろんなキャラを頭に浮かべt(ry
今回のお話は最後に泣けましたね。切ないです。たったひとつのささやかな願いをかなえることがこんなに難しいなんて・・・・(><)そして今回は台詞のひとつひとつにすごく重みがあった気がします。心に残る回でした(^^) アレンに発見されたグゾルとララ。ララ..
D.Gray-man (3) ジャンプコミックス (コミック) 星野 桂 (著) 集英社このアイテムの詳細を見る 「かわいい子相手に戦えませんよ」 言うじゃん、こいつ。どさくさに紛れてカワイイなんて。 地下都市でグゾルとララを見つけたアレンは、ララからグゾルとララの馴れ初めを聞
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。