≪09  2017-10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『NARUTO』 第35巻 感想
NARUTO 巻ノ35 (35) NARUTO 巻ノ35 (35)
岸本 斉史 (2006/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る


えっと、かなりの辛口です。
これも一つの感想と、広ーい心で受け入れてくださる方、moreよりどうぞ。
物語の流れは、サスケ奪還に失敗して帰って来た変則7班のその後と言う事で、主にサイが人間らしさとはなんぞや?、をいろいろ考え試してく話。
ナルトの修行話。
それと暁の尾獣集め、ついに火の国に入ってきて、討伐隊編成。
何で急にしみじみ?、のアスマ先生。
・・・ってところかな。


もうネッ友のおぼろさんではないけれど、突っ込みどころ満載なんですよね。

先ずサスケ奪還に失敗してからの綱手なんですけども、なんであきらめないナルトをいさめないかな。
ここに到っては、もうサスケは木の葉の里の敵なんですけども。

で、暁討伐隊
前にも書きましたが、イタチと鬼鮫相手にカカシ、紅、アスマが全然かなわなかったのですよ。
しかもイタチの能力はある程度知っている状況、今回は全く未知の敵。
質より量の20小隊をバラバラに出してどうする。
敵の目的はナルトなんだから、偽の情報でおびき出すなりして、それこそ木の葉の忍者の質と量、両方で戦わなきゃ仕方がないじゃん。

そんな時に、ナルトの修行にカカシとヤマトをつけると。
自来也と2年間以上も何してたの?。
里は大変な時にナルトだけ修行させるって言うのもすごいけど、その目的が対暁じゃなくて、サスケに向いちゃってるってメチャクチャ。
しかもカカシとヤマトをつけるよ。
暁討伐の方に出しなさいよ、新しい火影さんはナルト以外の人がどうなろうとかまわないんですか。
それと強い技を開発する前に、感情のコントロールを覚える方が先だと思います。

何で今更チャクラの設定?。
これ自体は悪くはないですけども、もう説明もつかないような状態に物語が進んじゃってる今、何故?。
しかも画期的オリジナリティがあるならともかく、盗作とすら言われてしまうような設定。
(私は元マンガの方は読んでいないので、この問題はよくわかりません。なので盗作についてはコメントなしです。)
ところで千鳥はカカシのが“雷を切ったので特別に雷切と呼ばれてる”ってだけで、雷と関係あるとはどこにもなかったと思うのですが。
血継限界の説明もなぁ、じゃあ君麻呂は何?って思っちゃうよ。
土からカルシウム分を取り出して、水でこねて、火で焼いてるんですよ。あの端正な顔と死の病に取り付かれた身体の中でチャクラが必死にその作業をしているんです。なんちゃって。

なんか本当に行き当たりばったりなんですよね。
ちゃんと先を考えてストーリーを組み立ててるとは思えない。
伏線をきちんと用意していたかつての『NARUTO』からは考えられないことです。

で、ですね、言っても仕方がないとは分っているんです。
分ってるんだけど、言わせてください。
サスケを里抜けさせたのはストーリー上、失敗だったと思います。

『NARUTO』は“仲間”をキーワードにして、それを大事に話を作ってきたと思うんですよね。
でも里抜けした時点で、サスケはもう仲間にはなれないんです。

里抜けした後にも大きなミスがあります。
第一に、修行の旅に自来也と出かけながら、さしたる成長がない。
ナルトだけが格段に強くなってしまって、サスケとサクラが置いてきぼりをくった状態を何とかしなくちゃならなかったのは分ります。
三忍を出して、対比させたかったのも分ります。
でも肝心のナルト・自来也ラインが機能していないんじゃ、話しにならない。
今、カカシにナルトの修行をさせるなら、サスケ・カカシでも良かったじゃないですか。

第二に、もしもストーリー上で許されるならサスケ奪還は一回きり、それを顔見せ興行程度で使ってしまった。
サスケ里抜け時にはけが人が複数出ました。
それでもサスケを仲間に戻したいという展開をしたいなら、許されるのは一回までです。
34巻の戦いでは、完全に木の葉に対するものとして戦ってます。
なのに未だにナルトとサクラだけではなく、里としてもサスケを受け入れるかのような状況は違和感がありすぎます。
この点を解決しないと、ストーリーは納得できないまま進まざる得ないです。

サスケは里抜けしてしまった、もう仲間とはなれない。
それが受け入れられないのは、他ならぬ作者自身と言う気がしてなりません。

スポンサーサイト

テーマ : NARUTO
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

はうっ!!
まだ買ってません!忘れてました~
買ったら感想書いてTBしますね。
もし描いて欲しいキャラがいたらリクエストお待ちしてるです(笑
>みはるさん
ついに忘れられるようになってしまったか、『NARUTO』単行本。

感想お待ちしてまーす。

そうですね、じゃあ、イタチ。
 ↑ 現在のおっさんイタチじゃなく、端正な頃のイタチでプリーズ(笑

みはるさん、お忙しそうなので、お時間があったらで良いですよー。
前進あるのみ!なのに・・・
サスケを里抜けさせたのが失敗というのは同感です。
あそこでずっと自分の過去に捉われていたサスケも九尾に捉われていたナルトもそこから解放されて前向きなストーリー=VS暁に向かうべきだったと思います。

きっしーが「つながり」を大事にするのは分かるけど、あんまりしつこいと某十二支漫画と同じになってしまいます・・・。orz
>おぼろさん
>あそこでずっと自分の過去に捉われていたサスケも九尾に捉われていたナルトもそこから解放されて前向きなストーリー=VS暁に向かうべきだったと思います。

同感です。
三忍では大蛇丸が間違いを犯してしまった、でも7班は過去の過ちと同じことはしない、で良かったと思うんですよね。
過去にいろいろなトラウマを抱えつつも、前向きに頑張っていくところが『NARUTO』の良いところだったはずなのに。

で、サスケの面倒をみることになるカカシは、その為にがんばる。
そうすれば扱いに困っている感のあったカカシと、自来也が両立出来て、片一方が出てくれば、もう一人が霞むなんて状態にもならないと思うんですよ。

・・・言っても仕方がないことなんですけどね。
はぁ・・・。v-393

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

何気にコミックスをコンプリートしておきながらまだ、まともに読んでいない銀魂!!!息子のほうが先にザクザク読んでいます。私は最近のはジャンプでリアル読みしているからまあ、いっかーなのですが、アニメと比較する時は息子に「どこに載っているの?」って聞いていま..
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。