≪04  2017-05/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おぼろさん、お誕生日おめでとう!!
先日ネッ友のおぼろさんがお誕生日を迎えられました。

おめでとう!!、おぼろさん
楽しくキャラ萌え、しっかり考察が売りの彼女のブログは、私も大ファンです。

おぼろさんはBLEACHの白哉の大ファン。
(他にもいっぱいいるけどね)

そんなおぼろさんの為に、お話を一つ。
稚拙な文章ですが、プレゼントさせて頂きます。
お受け取り下さいませ。




『夢の懸け橋』

月が空の頂点から少しすべり落ちた頃、あの人は対岸の向こうからやって来る。
月光に照らされてあの人の髪飾りが光る。それを合図のように私はこちら側から橋に足を踏み出す。
そして橋の中央で私達は会う。

サラサラと水音だけが川から響く静かな時間。
夜風があの人の髪を優しくなでて通り過ぎる。
あの人の長い髪は夜よりも更に深い黒の絹糸の様、それがしんとした空気の中で踊る。
「寒くはないか。」と、あの人は羽織っている丹前を脱いで私の肩にかける。

私達は余り話さない、ただ二人並んで、あちらとこちらの懸け橋の真ん中で佇んで、月が西の山の合間にたどり着くのを眺めている。
あの人は私のことを知らない。
私もあの人のことをよくは知らない。
ただとても大事にしている人がいることだけは理解している。

ある夜、あの人が言う。
「彼女の幸せを見届けたら・・・。」
私は世界の果てまであなたを捜しに行こう。
この世の、いや違えた世界までもあまねく歩き回り、いつかあなたにたどり着こう。

そう告げるあなたの鋭角な横顔、嘘のない誓いで厳しい。
それがこちらを向いた拍子にふと崩れ、微笑みに変わる。
その笑顔は、けれど私の涙でにじんで、月の光の白さと区別がつかなくなる。

毎夜、夢の中で私達は会う。
あの人は私をおぼろ月夜と名づけ、そう呼ぶ。
私はあの人を白夜と呼ぶ。

私は今夜も眠りにつく。
あの橋の中央で、あの人と会うために。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

ありがとうございますー!!!
ドリーム!!!
まさに夢のようなお話です!!!
橋の真ん中でゴロゴロ!!!

兄様と並んで歩く・・・会話が無くてもずっと空を見ていても。
ふとしたことで交じる視線・・・たまらんです!
本当にありがとうございます!
コピペしていただきます!v-238
>おぼろさん
喜んでいただけたなら嬉しいです。

おぼろさんと白哉、と言う事で話がスラスラは出てきたのですが、できるだけ端正に美しく!!、と思って時間がかかってしまいました。
(こんな短い文章なのに・・・orz)

これからも萌え感想、楽しみにしてますよー。(笑
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。