≪05  2017-06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『地獄少女 二籠』 #10 (12/9) 感想
骨女が出会った男・哲郎は映画監督志望の全くもってダメな男だ。
しかしなぜか骨女は男の事が気にかかる。
それは他の女たちも同じだ。
本妻に愛人1号、2号まで居る始末。
けれど彼に振り回される本妻、1号、骨女が仲良くなってしまう。

その哲郎に怨みの依頼が。
女に呪い殺されるなら本望と哲郎は言うが、実は車の当て逃げやコーヒーを引っ掛けた相手の男の依頼だった。


何となく昭和のかほりがする今回の『地獄少女』でした。
うーん、笑える回と思って楽しみにしてたんだけど、実際に笑えたのは「曽根アンナの濡れた休日」って言うタイトル位か?。

駄じゃれですべって頬を染めるあいちゃんは可愛かったですが。

映画の名画面風の構成で、スタッフさんはきっと楽しんで作ったのではないでしょうか。
サイレント映画風に字幕でお決まりのセリフを見せるところは面白かったです。

てっちゃんがね、私は根本的にこう言う男の魅力が分らない人ではありますが、あれだけ女を引きつける“魅力”ってものをもう少し丁寧に描いて欲しかった。

まぁ、何と言いましょうか、車を傷つけられてコーヒーを引っ掛けられて頭にくるのは分りますが、自分が地獄に落ちるのを代償に払うほどの恨みかってことですね。
そんな地獄って簡単なもの?。
だったら恨みの相手を送るほどの所でもないかもね、なーんて“地獄”って言うものがすっごく軽ーいイメージ。
今回のは“お遊び”って感じがあったので、そんな感想は意味ないかも知れませんが、もうちょっと見てても“この恨みなら分るよ!!”と言う物をそろそろ見せて欲しいなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 地獄少女 二籠
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

てっちゃん
私もどこが良いのか分からなかったけど、放って置けない魅力があるのかな?
骨女が可愛かったわ。
映画の撮影も笑えましたね。
>やまふささん
やまふささんも見ていらしたのですね!!。
てっちゃんは、これはアニメを製作している男性方の願望なのだろうと推測。
私にも魅力がさっぱり分りません。

骨女が綺麗でしたよね。
撮影のシーンが製作者が楽しんで作っているのが伝わってきて、面白かったです。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地獄少女の更新、最近、ちょっと遅くなってますね。あんまり遅くならないように気をつけよー…。さて、今週の感想ですが。面白かったですね。いつもと仕掛けが違って。私、地獄少女の、ある種のワンパターンさも好きなんですけど。今回は骨女が語
脚本:広真紀 絵コンテ・演出:わたなべひろし 作画監督:菊池洋子 総作画監督:岡真里子広真紀さん脚本キタコレ。この方は2話の脚本、お仕置き「能」を書いた人であり、また、1期の地獄少年話の脚本も書いております。ゆえに今回の話とお仕置きには非常に楽しみにしてお
たまには骨休みも必要よ――と、あいが言ったとおり骨女の骨休みな休日?千葉繁演じる無責任な映画監督との日々。もう千葉さんが出るのを前提で作ったとしか思えない(笑)
姉さん、事件です!あいちゃんが、あいちゃんが…
『曽根アンナの濡れた休日』「骨女は?」 「どっか行っちまったぃ」 「連れ戻そうか?」 「たまには骨休めも必要よ・・・」「思い出した! 笑うところかどうか、悩んだんだった」 私は閻魔あい・・・笑うところ
 今回のターゲットは、骨女が親しくなった男だった。 まともな取り柄もなく、 そのあまりの情けなさに母性を刺激された女たちに 迷惑を掛け、女たちの間を渡り歩いて生きている男。 そんな彼に、絶対者の断罪の刃が迫りつつあった――。
. . . . . . . 地獄少女二籠の第10話「曽根アンナの濡れた休日」の
何処かへブラリと消えた骨女を連れ戻そうか?という一目蓮に、『ううん、たまには骨休めも必要よ』とあいさん冒頭からイキナリのファイナルブロー!ちょっぴりウッカリ言ってみた過去の駄洒落が思わぬところで、掘り返され赤面するあいさんがみらくるきゅーと!子....
地獄少女 二篭 第10話 曽根アンナの濡れた休日 お笑い路線に暴走したのだろうか? 一目連についているコーヒーを見て「コーヒーついてる」という指摘が、普通の台詞なのに妙に好きです。映画撮影風、地獄送りは、もう笑うしかないかと…。
乙女はお姉さまに恋してる第10話 『二人のジュリエット』 「1/3」「2/3」 「3/3」地獄少女 二籠第10話 『曽根アンナの濡れた休日』 「1/3」「2/3」 「3/3」僕等がいた第23話 「1/3」「
今週のゲストキャラ・・・千葉繁さんでした。いやぁ~・・・今までとは全く違うパターンで話が進んでいったので、本当に面白かった。シーンのあちこちにハチロク(パンダ)が登場していたので、何かあるとは思っていたの
お待たせしました、数週間振りの地獄コントは千葉繁さんをお迎えして爆笑必死の超拡大版でお贈りいたします!これはもう面白すぎ!! てか地獄少女じゃね~w ま、いっかww 地獄少女 二籠 箱ノ一金巻兼一、岡真
サブタイがなんかロマンポ●ノみたいなのはどうなんでしょうw[[attached(2)]]いや、まさかこの冒頭のコーヒーぶっかけ事件が重要なことだったとは・・・[[attached(3)]]||<#FFFFFF' style='color:Red' ``「骨女にもたまには骨休めも必要よ」||・・・・・・
第壱拾話「曽根アンナの濡れた休日」演出のわたなべさん楽しかっただろうなぁ~って感じですね閻魔あいさえ出演してたら全てOKって内容ですね 1話ぐらいこんな話があっても良いかなって所です嬉しい予想を裏切る展開可笑しかったですね 予告を見た時は正妻と二号さん
「揺らり揺らりと業の影。哀れな運命迷い道。憎み憎まれひび割れた、合わせ鏡の二籠…時の交わる闇より来たりてあなたの恨み晴らします」(怖い口調で「地獄少女二籠第10話曽根アンナの濡れた休日」「今回は骨女が出会った駄目男が自業自得で地獄に流される話…」「骨女に..
「第十話「曽根アンナの濡れた休日」」「地獄少女って、二籠になってから、作品の幅が広がったよね」「なかよし作品ってイメージではございませんね」「ダジャレを言って、デレるあいちゃん……」「デ
母性本能を擽る駄目男。天性のジゴロってのはヘタレなんでしょう。ギャルゲの主人公のように無色透明な性格じゃなくして無職無芸の人間が人畜無害であれば平和でいいのですが実際は色男と同じでそこここに存在している
「たまには骨休みも必要よ」あいがダジャレを言って顔を真っ赤にしてる姿が可愛すぎます。今週はまたいつもとちょっと違う感じでしたね。今まで以上に骨女にスポットが当てられた回だったと思います。根
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。