≪07  2017-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『少年陰陽師』 #10 感想
リアル生活がいろいろバタバタして、PCの前に座る時間が取れない今日この頃、感想が遅くなってしまいました。
紅蓮以外の十二神将が出で来ないから、どうでも良くなったわけではなくてよ。

戦いによる傷の為に休養中の昌浩に貴船の神が憑依、異邦の妖の情報を告げる。
貴船の神のおかげで傷が癒えた昌浩、貴船にお礼参りに出かけるが、その際、その年最後の蛍を見る。
彰子の様子を伺いに藤原邸を訪れると、晴明の張った結界が弱まっていた。
昌浩を危険な目にあわせたくないと訴える彰子に、必ず自分が護る、そして来年、貴船の蛍を一緒に見に行こうと約束を交わす。
そんな中、晴明のもとに、彰子の入内の話が舞い込む。
入内の話に気分が沈む彰子、窮奇の声に応えてしまう。


貴船の神バージョンの昌浩!!、髪が白くなってます。
目つきも何となく鋭くって素敵!!
私はこっちの方が好みだわ、とか思ってしまった。

昌浩と彰子のこの二人の関係の可愛らしさ!!。
原作を読んでても、アニメ見てると切なくなってくる。
そもそも原作を読み始めた時に、彰子ってあの“彰子”だよねー、昌浩のヒロイン役にしちゃってどうするつもりなんだろうと思ったものでした。

蛍のエピソードがこの先の重要なポイントになるのですが、今回はその“約束”がかわされました。
入内を知らされて、その約束が叶えられない哀しさから窮奇の誘惑に負けて、罠にかかってしまう。
彰子も可哀想だわ。

その彰子の入内を知って、なお無事に入内が出来るようにと決意する昌浩も健気。

今回は紅蓮とちょっとだけ六合が登場。
でも十二神将はやっぱり戦っている姿が見たい!!。

二本足で仁王立ちのもっくんが笑えたけど、可愛かったです。
本当に獣が立っているようなポーズで、良く出来たキャラだなぁと感心しちゃいました。
スポンサーサイト

テーマ : 少年陰陽師
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もう少し書きたいことがあったので。これの続きです。昌浩に憑依した貴船の神様・タカオカミノカミ。まさか白龍にあわせて髪が白くなるとは・・・原作挿絵からもっと威圧的な感じか妖艶な感じを予想していたのですが思ったより女性らしい感じでした。蛍を見て彰子に見せて..
ううー・・・ドラマCDで一番、涙した場面です。身分の違いを目の前に突きつけられ、どうすることもできない昌浩。今、自分にできることは彰子のために力を尽くすこと。「淡き願いに応(いら)えの声を」床に伏す昌浩に憑依してきたのは貴船の神、タカオカミノカミ。白髪..
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。