≪06  2017-07/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『D.Gray-man』 #12 (12/19) 感想
ロードに戦いを挑むアレン。
2体のAKUMAと戦うアレンとリナリー。
ミランダの力によって戻っていた傷が再び出てきたことに気付いたアレンは、ミランダのイノセンスの力の中に入って、治療。
力が弱ってきたリナリーにもミランダの元に行くことを進める。
しかしミランダの力は限界に近付いてきていた。

ロードはアレンの事を千年伯爵から聞いていて、興味を持っていたと言う。
AKUMAはエクソシストによって倒されないと、魂の救済は得られない。
AKUMAに自爆を命令するロード。
その前に自分の手でとAKUMAに向かうアレンを、間に合わないとリナリーが止める。
「仲間だからよ。」
もう一体のAKUMAを倒され、引き上げ時と、ロード。
そのロードにイノセンスの武器を向けるアレン、しかしロードはAKUMAではなく人間。
「武器は人間が人間を殺すためにある。」と言うロードの言葉を思い出し、攻撃できないアレン。
ロードは退却、ロードの遊び部屋も崩壊。

ミランダは既に限界の状態だった。
しかしイノセンス発動を止めてしまえば、吸い取った時間はまた元に戻る、それはアレンとリナリーの傷もまた元通りになると言う事。
「自分の傷は自分で負うもの。」
「生きていれば傷は癒える。」
アレンとリナリーの言葉に力を収めるミランダ。
時間が戻る。
ミランダは医者を手配し、街の外にいるトマを呼びに行く。

アレンが気がつくと、そこは病院、ドリルを持ったコムイがいる。
そしてもう一人、ナビ登場。
ミランダからの手紙を受け取るアレン。

アパートを引き払うミランダ。
“またお会いしましょう。今度はエクソシストとしてお役に立ちます。”


ミランダ編の最終話です。
ミランダがアパートの開かれたドアから光溢れる外に出て行くラストシーンは感動しました。

えーと・・・。
アクションシーン、何とかなんないですかね。戦いって相手がいるものでしょう。
特にリナリーなんて体術みたいなもので、接近戦になのに、一人だけのポーズ決め!!のシーンが多すぎ。
効果で迫力出してばかりじゃなくて、もう少しお互いの動きで見せる戦いを描いて欲しいんですけども。

お人形リナリー、腰が細い!!
さすがはヒロイン。

ロードはブラック全開でした。
ニヤリと笑う黒さがたまりません。
やっぱり悪役はこうでなくっちゃですよ。

自分の力が限界を迎えているのに、アレンやリナリーのために、なおイノセンス発動を続けるミランダ。
イノセンス解除後、大慌てでお医者様を手配したり、トマを探したり・・・。
ミランダと言う人は“良い人”なのですよね、いつも一生懸命です。
それが表われているシーンでした。

ロードに攻撃を加えられなくて、今回の戦いは重く暗い気持ちを残したままで終わりましたが、それを救うのはやっぱりコムイ!!。
コムイが出てくると見てるほうも、本当にホッとします。

そしてラビ登場。
カッコ可愛い男の子とは彼のことさ!!。
役者が揃ってきました。

ラストの“傷は癒える。けれど跡は残る。”はネガティブなイメージをを暗示する言葉ですよね。
AKUMAが見える力を失ってアレンですが、この先は苦労の連続でしょうか・・・。
スポンサーサイト

テーマ : D.Gray-man
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

ラビ
いよいよ登場しましたね。
ラビが入るとコミカルな部分が増えて明るくなるように思います。
コムイも和ませてくれますが本部にいては中々登場願えません。
よくしゃべる割には未だ謎が多いラビ。(Dグレはどのキャラクターも謎だらけですが)
本誌で彼の活躍が再開される日が待ち遠しいです。
>やまふささん
出てきましたね、ラビ。
いるだけで場がなごみます。(笑
かわいかったですよね、これからラビが見られると思うと嬉しいです。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

= 第12話:「そして街に雪が降り・・・」 = 前回は苦戦を強いられましたが、ミランダの能力で傷も癒えて反撃開始。 アレン・リナリーのコンビは闘いを優勢に進めますが、ミランダから離れてしまうと、 吸い取った時間が元に戻ってしまうらしいです。 そんな中で、リナ
第12話「そして街に雪が降り…」    ラビ☆キタ━━━(゚∀゚)━━━!!! ってキャメロットちゃんとの戦闘があまりにも悲しすぎてアレンくん・・・・°・(ノД`)・°・ だったはずなのに・・・もう空気台無しです ってことでミランダさん編が完結
ミランダ編完結でした。やっと自分の居場所ができた。「次はエクソシストとしてお役に立ちます。」「そして街に雪が降り・・・」ロードの空間で戦うアレンとリナリー。ミランダの側に行くと時間が戻って傷が治癒する!ロードの興味はミランダとイノセンスよりもアレンに移..
『そして街に雪が降り・・・』優しく降る雪が、生きていることを実感させてくれます。同じ時間を繰り返していた街、そこに住む人々。みんな、何事もなかったかのように、再び進み始めた時間の中を生きていく。願わくば、そ
第十二話「そして街に雪が降り・・・」何度でも攻撃を繰り返してくるしつこいアクマと対峙している間に修復されない傷が生じることに気づいたアレン。リナリーに一時任せてミランダの側へ。ミランダから離れ過ぎると効力が充分及ばないらしい。ミランダの力で再び傷を修復..
アニメD.Gray-manディー・グレイマン12話目です。
生きていれば、傷は癒える――。 ミランダはイノセンスに目覚めた。 止められた街の時間は、再び動きだし…。 ミランダは新しい道を歩きだす――。ミランダ編完結&ラビ君登場! …ってかミランダ顔つきまで別人(笑) イノセンス使用前、使用後みたいな(^^;
ミランダ頑張ったね…。゚(゚*´Д⊂グスン アレンとリナリーが常にコンディション最高で戦えるようにはなったものの、ミランダの様子が徐々におかしくなっていきます…。ミランダが時計のイノセンスの発動を止め
D,Gray-manの第12話を見ました。ラビが誰なのか分かったよ。第12話 そして街に雪が降り…イノセンスはミランダの大切にしていた古時計で、ミランダはイノセンスの適合者であった。イノセンスはミランダの意識によって発動し、傷ついたアレンとリナリーの時間を吸い出し元..
テレビ版のD.Gray-manを見ました。 (以下 「#12 そして街に雪が降り…」 のネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)ようやくラビが登場...
闘いの最中AKUMA武器に傷が戻ってしまったアレン。時間を吸っているミランダ。その力の中に入ればすぐに武器が癒された!!そうやらミランダから離れなければ無傷に戻れるというのだ。アレンの過去を知るロード。ちょっかい出すならお前って決めてたと、AKUMAに自爆しろと..
遂にラビが登場しましたラビファンの方は登場を待ち望んでいたことでしょうね神田~!!早く出てきて~ロードは、アレンの目的がアクマの魂の救済だと知っていた。そこで、救済できないよう部下のアクマを自爆させる。ロード酷いわ自分の身を犠牲にしてでもアクマを助けよ..
生きていれば、傷は癒える…
D.Gray-man 第12話感想いきます。
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。