≪07  2017-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『少年陰陽師』 #12 (12/23) 感想
彰子の入内が明日に迫ってきた。
昌浩は入内の前に窮奇との決着をつけるべく、都の南にある巨椋池に向かう。
そこで紅蓮と引き離され、窮奇の異界に連れ込まれてしまった昌浩は、窮奇と壮絶な戦いを繰り広げる。
しかし戦いの最中、窮奇が昌浩に言葉を投げかける。
配下に下ればお前の願いを叶え、彰子をさらってきてやる、と。
その言葉を聞き動揺を隠せずにいた昌浩、しかしここには蛍がいない、蛍がいなくちゃ意味がない、と窮奇の言葉を跳ね返す。

昌浩が持っていた香で異界とをつなぎ、紅蓮と六合が昌浩の元に。
昌浩は貴船の神の力を借りようとするが、まだ力が足りない。

そこに彰子から借りた香で異界とつないで青龍が、清明の破邪の剣をもって登場。
その剣と貴船の神の力で、昌浩は窮奇を倒す。

館に帰ってきた昌浩を待っていたのは、その朝に入内した彰子。
彰子はその身に一生消えない呪を抱えているので、帝の下にはいかせられないと判断、替え玉を立て、彰子自身は清明宅で預かることになったのだった。
今度の夏には蛍を見に行こうと指切りをする昌浩と彰子・・・で目出度し目出度し。


もう、大満足の30分でした!!。

彰子の入内前に、昌浩と彰子が御簾ごしに手を合わせるシーンは切ないし、
入内がなくなった後に、二人で指きりするシーンも可愛い。

その両シーンに、気をきかせて二人きりにしてあげるもっくんも良し。

戦いのシーンは相変わらずでしたが、私は今回は満足。
昌浩をかばう六合に ←声になりません!!。
ブスっとしながらも剣を届ける青龍も天邪鬼っぷりが相変わらず。
天一は私好みの美少女で、玄武は可愛い男の子。

贅沢を言わせてもらえば、「蛍がいない・・・。」のシーンをもうちょっと印象的に描いて欲しかったですが。
原作読んだときはすごく心に残ったのですが、あにめではスーって通り過ぎちゃった感じなので。

ところで窮奇の声ですが、コメントでおぼろ.さんも書かれてましたが、某アニメの危ないおっさんとかぶる、かぶる。
いつもバックから「ありゃ、殺し屋だぁぁぁ。」の声が聞こえてる気がしてねぇ。
その声もこれっきり聞くことが出来ないのかと思うと、ちょっと寂しい。
スポンサーサイト

テーマ : 少年陰陽師
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

間合い・・・
時間が決まってしまっているので、昌浩が彰子の入内を知って落ち込むところや、今回の「蛍がいない」のシーンも間合いが足りないんですよねえ。
昌浩の切ない表情とか甲斐田さんのささやくような独白をmamさんは原作で、私はCDで堪能できたのですが・・・。

とにかくハッピーエンドで良かったです♪
青龍、六合も自分の役目をきっちり果たしましたね。

銀魂のオヤジさんではなく、今度は風音=ルキア(折笠さん)の登場ですね!楽しみです。
所々あっさりしすぎな感は否めません。
今回は大切なシーンが多かったので特にあっさり感が大きかったですが、毎回うまく削って構成しなおしているなあと思っています。

蛍がいない・・・窮奇が蛍も付けるから!って言ったらどうしようかと一瞬思ったりして。

何にしても、昌浩と彰子が幸せで神将たちも登場するならもうそれで良いです。
>おぼろさん

そう、間合いなんですよね。
心情を見せるシーンは、もう少しテンポを遅くして、一拍置いて欲しかったです。
ここをあのスピードで描くなら、もう少し他の回のシーンを削っても良かったのにと思いました。

青龍がブスッとしながらも昌浩をちょっとずつ認めてるところなんか、本当にこの子ったらって、返って微笑ましいです。
やっぱり十二神将は戦ってるシーンが良いわ。
>やまふささん

大切なシーンを駆け抜けていったと言う感じでした。

窮奇も下調べが足りない!!。
相手を甘言で落とすなら、何を欲しているかぐらい調べておかなくちゃ、ですよね。(笑

本当に、昌浩と彰子が笑ってくれてて、神将がいっぱい登場してくれれば、大満足です。(笑

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

道長の元に訪れる、晴明と昌浩。「準備は全て整った。後は明日の入内を待つばかり」と道長。「おめでとうございます」「して、昌浩は今夜中に決着をつけるということだな」「はい」「そうか期待しておるぞ」「昌浩、彰子姫のご様子を伺っておいで。わしは道長様と話がある..
窮奇編のラストでした!フフフ♪バトルに十二神将が出てくれると盛り上がります!特に六合♪「鏡の檻をつき破れ」今回はあらすじは公式からコピペします。彰子の入内が明日に迫ってきた。昌浩は入内の前に窮奇との決着をつけるべく、都の南にある巨椋池に向かう。そこで紅..
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。