≪05  2017-06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場版『BLEACH ・ Memories Of Nobody』 感想
あぁ、ルキア・・・。
イヤ、ダメだ、ルキアも頑張っているんだ、見守るんだ。
過保護は愛情にはならないと己に言い聞かせたであろう。
そうだ、ルキア、何と美しい技だ!!。
しかし・・・、あれでは倒れぬのか。
よし、今だ。
今なら出て行っても、誰も私のことを“シスコン”などとは思わないであろう。
「卍解。」


以上、白哉登場までの心の動きでした。
イヤ、個人的に一番面白いシーンだったもので。
・・・笑える、と言う意味で・・・。

先に良かった点を書いてしまおう。
それは空中戦。
ぴえろさんお得意のシーンですよね、やっぱり迫力ありました。

以上。




好きなキャラが動いているシーンを見られるだけで満足、と言うファンの方は多いでしょう。
しかし私はわがまま、1800円也のお金を払っている以上、そこそこ完成度の高いものは見たいです。

先ず絵。
ひどかったオリジナルも今は映画製作中だからと我慢してきたわけですが、それでこれ?
もうちょっと頑張って欲しかったなぁ。

一護の顔なんですが、顔の幅に対して目が長すぎるのでしょうか、とにかく寄り目になっちゃって、すごく変。

それと青空。
単色としてては目の覚めるようなブルーで綺麗な色なんですが、背景としては良くないと思う。
BLEACHは一護の髪がオレンジなんだけど、これとの相性が最悪。
建物や木の色とも合ってないんで、逆に汚く見えました。
画面中でも広いスペースだし、気になりました。

アクションも、本編アニメの中の出来の良い物(シロちゃんvsギンとか)のレベルに比べると見劣りする。

それで話のほうなんですが、あれこれ詰め込みすぎで中途半端です。

BLEACHはキャラがめちゃくちゃ多い上に、各キャラに熱心なファンがついているので出さなきゃと思う気持ちも分りますが、2時間弱の枠の中でちゃんとしたストーリーを作りたいなら、切るべき所は切る覚悟も必要かと。
いろんなキャラを出して出来るだけ戦いのシーンも入れてとやるから、そのアクションシーンも物足りなくなっている。

ストーリーは一緒に行った子供が、「まるでバウント編じゃない。」と。
TVでめりはりのないオリジナルストーリーをさんざん我慢してきて、まさかキャラの設定まで同じような“総集編”を見るとは思いませんでしたよ。

ストーリーは不思議な少女・茜雫が実ははこの世には在らざる存在で複数の人たちの記憶を持ち、だから主人公・一護が共に過ごした記憶も一護から消えざる得ない。
これで本当はメチャクチャ切ない良いお話が出来ると思うのですよ。

映画のオリキャラの茜雫にスタッフさんたちは思い入れが強いみたいで、とっても力が入ってますが、だったらこの主線に絞ってもっと丁寧に茜雫の心情を描けば良かったのにと思う。
そうすれば最初の方の茜雫の突飛な行動も、この世に在る喜びとしてもっと印象に残るし、なのに記憶が混乱してる不安も際立ったと思う。
そして最後のシーンの切なさに結びつくと思う。

逆にBLEACHはアクション・アニメなのだからと思うなら、茜雫にこだわり過ぎないで、もっと戦いのシーンを描いた方が良かったと思う。

2時間しかない時間で何を描きたいのか、だったらどうすれば良いのかをもうちょっと考えて欲しかったです。
映画を作りたいのなら、涙を呑んで削る覚悟は必要。

TV見てても思うのだけど、ぴえろさんは話の構成が下手だと思う。
アニメは絵も大切だけど、ストーリーだって重要だと私は思っているので、人材育成に力を入れてるそうですが、きちんと話作りが出来る人も育てて欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ : BLEACH
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

そうなんですーーー!!!
わはは!!!まさか、mamさんで兄様ドリームが読めるとは思いませんでしたよ!!!
嬉しいです!

そう、ブリの面白いところはバトルなので茜雫とのふれあいに
時間を裂きすぎなんですよね。
それから巌龍にもドラマを背負わせちゃったところが詰め込みすぎかと・・・。
もっと単純明快なアクション映画でも良かったと思います。
背景の町並みも劇場版だからってお洒落にしなくてもね。

もし、次回作があるなら少年漫画テイストでお願いしたいです!
>おぼろさん
実際のところ、BLEACHにはルキアと言うヒロインがいるわけですし、オリキャラの茜雫を描こうと思ってもあそこまでが限界だと思うんですよね。
茜雫にこだわっちゃったところが失敗だったと思います。
あれはBLEACHじゃなくて、別の話でやることかな。

BLEACHファンは何を見たくて、お金を払って劇場まで足を運ぶのかを考えてみれば、アクションシーンの素晴らしさははずせないと思うんですけどね。

私も次回作があるなら、ホント“少年マンガ”を見たいです。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

結局、23日はやめて昨日観て来ました。すいてたよ~、ガラガラだったよ~。サブタイトル『MEMORY OF NOBODY』ってなんだよ?とずっと疑問だったんだけど、観終われば納得。面白かったといえば面白かったけど、
娘の風邪とお正月が過ぎたのでやっと、見に行って参りました!前売りを買う時は本当にこちらの皆様にはお世話になったので、何が何でも前売りを使わなければ!!!ところが・・・公開半月過ぎで正月・・・なのに上映回数が二回ってどうなのさ!!!ネットでしか調べなかっ..
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。