≪09  2017-10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『少年陰陽師』 #15 (1/13) 感想
行成を苦しめている怨霊の正体は、四十年前に冤罪で大宰府に流された殿上人・穂積諸尚だった。
行成を、そして敏次を救うため、昌浩は諸尚の調伏に乗り出す。
行成からもらった品を形代にして諸尚を結界に閉じこめることに成功。

しかしその頃、女呪術師はたくさんの死霊を呼び出し、諸尚のもとに行かせていた。
死霊がいたままでは、諸尚を調伏しても、死霊たちが敏次のもとに向かってしまう。
戦う紅蓮、六合、太陰、そして昌浩を護る天一。

若者・晴明はかすかに聞こえてきた歌声の出所を追い、行き着いた先で謎の女術師の術を破る。
しかし女術師の狙いは清明の命、青龍と白虎が戦うが、神将は人を殺めることが出来ない。
清明をかばって怪我をする青龍、白虎。
清明に迫る女呪術師。

昌浩は、出かける前に彰子から夜食としてもらった干し桃を思い出す。桃は退魔の効果がある、それを使って死霊を諸尚と共に調伏する。

六合が清明の危機に気付き、清明の元に行って女術師と対峙。
女術師はこの場は引くこととする。

昌浩は“怨呪の玉”を破壊する。


えー!!!!!。

「りっくん」

傷ついた天一を見て怒った朱雀が昌浩を平手打ちもなしですかぁぁぁぁぁ。
...orz...orz...orz...orz...orz...

特に「りっくん」は、このアニメが始まってからずっとずっと楽しみにしてたのにぃぃぃ。

さて、やっぱり神将が戦ってるシーンが出てくると面白いです。
今回は昌浩側と清明側の二つに分かれて戦っている。

清明をかばう青龍が素敵。
でも絶体絶命のピンチに登場して、清明を守ると言う美味しい役をさらった六合はもっと素敵。

女術師・風音と名乗りあう六合のアップに再び瞬殺!!。
あぁ、これで「りっくん」が見れたら言う事なかったのに。

話の展開がかなり早いですよね。
ストーリーを追っかけるだけで手一杯って感じです。
でもシリーズ物の楽しさって言うのは、あらすじとは直接関係のないやりとりなんかにもあるんですよね。
時間的に無理なのかなぁ。

・・・なーんて書いてみましたが、その内に別のシーンで「りっくん」はやってくれるだろうと、まだ期待しているんですけどね。
朱雀の方は無理かなぁ。
あのカップル、好きなんだけどな。

注文があるとすれば、神将は属性(水とか火とか)があるから、色を変えるだけでなく、見た目にも楽しい変化をつけてくれると、良いんですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 少年陰陽師
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

mamさんのお気に入りシーン、私も楽しみにしていたので残念でしたが「りっくん」はあきらめてませんよ!
天一が敏次を庇うことが無かったと言うことは天貴は天女よりも美しいと朱雀がいうところもなくなってしまうのかな?どこかでのろける二人を描いて欲しいですね。
青龍さん痛々しかったですね。
六合さん、格好よいですよね。黙々と仕事してるかと思えばピンチに現れるし。(青龍とのやり取り見たかったわ)
寂しいですねー・・・
最終回までには・・・という希望を持って見続けようと思いますが、ああいうほっとする場面と戦闘シーンのバランスの緩急があってこそ萌えるというものですよね。
ここはジャンプ漫画を見習ってもいいのでは、と思ってしまいました。(苦笑)

最後まで望みを持ちましょう♪
>やまふささん
もうがっかりです。
天一を天女と思い込むシーンも見たかったんですよ、世にも美しい天一の絵が見たいなぁ。
天一を大事にする朱雀もみたいです。
このエピソードは何かと六合が出てくるので嬉しいです。
また次回から、やまふささんのブログで予習させていただきまーす。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やっぱり六合が好きだ…!晴明を守るその姿に惚れ直した…!!
少年陰陽師第十五話感想『この手は我が手にあらず、この息は我が息にあらずこの声は我が声にあらず・・・!全ては高天原におわす神の手、神の息、神の声・・・!布都之御霊、十握剣、無上行神!』『天地玄妙、急々如律令―――!』【禍つ鎖を 解き放て】...
この都には、私の他にもすぐれた陰陽師がいるのだよ――。 怨霊の正体は、冤罪で大宰府に流された殿上人・穂積諸尚。 行成と敏次を救うため、昌浩は諸尚の調伏に乗り出す。 だが、都には死霊の群れが溢れでる。 清明と十二神将がこれに挑むが… その前に黒幕である、女術師
見逃していた14話と一緒に続けて見ました。十二神将バンザイヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ♪テンション高いのは、そっと見逃して下さいっ☆
アニメ少年陰陽師。安倍昌浩ともっくんが出かけようとすると彰子が何か渡してくれてました。おお!干し桃が!美味しそうですね、桃~。いやー、操られてる藤原敏次は怖いですねーーー。大元の女も術を始めるし。なんか降って来てるし!!そん
関西では2話連続放送だった少年陰陽師の第14話と第15話を見ました。豪華版DVD第1巻の映像特典の朗読ドラマに出てきた干し桃のことがようやく何のことなのか分かりました。(原作読んでないので…)第14話(風音編第2話) 満ちた月が欠けるが如く謎の女に怨霊として蘇らされた..
先週から「六合」のことを「りっくん」と呼ぶ場面がカットされているのが原作&ドラマCD派には悲しい展開になっているのですが、今回も早く進むのは仕方が無いとしてかなりカットされている場面があるような・・・。「りっくん」「お願い」そして朱雀に平手を喰らう昌浩..
怨霊にかけられた行成の呪詛、怨霊に憑依され怨呪の玉を奪っていった敏次。呪詛を返して敏次の命を危険に晒すわけにはいかない・・・昌浩は二人を助けるため呪詛を返し、怨霊を調伏する道を選ぶのであった・・・感想参ります。
墓が荒れされている。何者かが眠れる魂を呼び起こしたよう。墓に書かれた名を見つける朱雀。腕を一振り、巻き起こる風に言伝を乗せ晴明に知らせる白虎。風の知らせを受け取る太陰。太宰府の墓が暴かれていた。墓の主は穂積諸尚。黄泉還りの呪法の後も。風に翻る太陰の髪が..
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。