≪09  2017-10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週刊少年ジャンプ 20・21合併号 感想 その1
おはようございます。

もうすぐゴールデンウィークですねぇ。
ジャンプもGW仕様で合併号です、来週はお休みです。

私のGWの予定は・・・何もありません。
カレンダー通りに仕事も入ってます...orz...

でも何だか気ぜわしかったので、ゆっくりと本を読むのも良いなぁ・・・と思ってます。


さて20・21合併号のジャンプはとびっきりの笑顔!!ってことで、ジャンプ主人公sが勢ぞろいです。

えー!!、何で前3人がルフィーとナルトと、それにトリコ!?。

イヤ、私は『トリコ』好きですし面白く読んでますが、看板は違うだろ、さすがに。
私ってば天邪鬼なんでこう言う事されればされるだけ、『トリコ』に対してヒンヤ~リした気持ちが出てきちゃうのさ。

ところで異彩を放つキモオタ銀さんの笑顔!!
空知先生のこう言うセンスが好き。


キャッチフレーズグランプリ 2011 開催!!

2004年のグランプリは「一護剣斬!!!」だそうですが、全然覚えてません。
その後、使われてましたかね、このキャッチフレーズ。


『ワンピ』が前に集英社の雑誌sをジャックしてグッズでのキャンペーンをしてましたが、ポスターでのジャックも行われてて、さらに渋谷もジャックしてました。
そのSPコンプリートが。
微妙に雑誌に合せてセリフが変わってます。
一枚一枚見るのがとっても楽しい!!。

『Cookie』の「好きになれるマンガに、オトコのマンガも、オンナのマンガも無いわよ~う!!!。」by ボンクレーが好き。
ボンちゃん、どうしてるんだろう・・・。
まさか死んじゃったじゃないよねぇ・・・。


巻頭カラーはその『ONE PIECE』

表紙はレゴブロックみたいなのでお家を建設中のルフィー海賊団。
ゾロとサンジが普通の人に見えます。
こう言うのも素敵。


本編はジンベエによる過去話の続き。

奴隷解放により魚人たちの英雄になったフィッシャー・タイガー。
しかしそれにより海軍から追われる。

アーロンの残虐な性格はこの頃からのようです。
人間に対する恨みも強い。

しかしタイガーは「殺したら負けなんだ!!、あいつらと同類になりてぇのか!!?。」

タイガーは“復讐”がしたいのではない、虐げられた者達の“解放”を望んでいる。
恨みのままに人間達に復讐をすれば、今度は人間達からの復讐を生む。
憎しみの連鎖ですね。

しかしタイガーは自分の心の奥の“鬼”を自覚していた。
それで自制していたんですが、たいした人物です、タイガー。

さて3年が過ぎた頃、人間の奴隷がタイガーの元に連れてこられる。
故郷に送って欲しいと。
名前はコアラ。
殴られても顔に笑いを貼り付け、「何があっても泣きませんから殺さないで下さい。」
それは奴隷の生活によって身につけた生き方。

タイガーは、コアラの奴隷の烙印を焼き消す。
烙印があっては忘れられるものも忘れられないから。

「おれ達は誰も殺さねぇ。」
「こいつは必ず故郷に送り届ける。」


それを聞いたコアラの目からは涙がボロボロと。

天竜人かぁ・・・。
酷い奴らだったしねぇ、恨みがつもる気持ちも分かる。
穏健派のオトヒメ、奴隷解放のタイガー。
だけどそれを超えて、過激派が出てくるのも仕方がない気はします、良いか悪いかは別にして。

尾田先生って、男が惚れる男を描くのが上手いよね。
タイガーもその1人。

でもタイガーにも心はあって、自分の“鬼”は自覚していた。
それを表に出してしまうような何かがあったんでしょうか。



『バクマン。』

ちっとも強くなくって、惨めに殴り倒されちゃいますけど、平丸カッコ良い!!って思いましたね。

何が何でも大好きな蒼樹さんを守るために何度でも立ち上がる。
「女性に暴力はいけない。男のすることではないのさ。」
全くです。((。_。)((。_。)ウンウン

そこに駆けつけたサイコー & シュージン、そして福田!!。
福田さんったらカッコ良い!!。

しかし平丸は「手を出すなーっ。」

中井に「蒼樹のせい」を訊く平丸。
中井の言う事は逆恨みですけどねぇ、完全に。
だったら気の済むまで自分を殴れと言う平丸。

今度は蒼樹さん、登場。
「そんなに殴りたいなら私を殴ればいい。それが中井さんの一番の望みのはずです。」
おっと、蒼樹さん、男前。

でも平丸に「もっと強いと思ってました。」はないわ・・・。

さすがにここで蒼樹を殴ったらド最低ヤローですが、それは出来ない中井。
自分のマンガへの思いを切々と語りますが、「酒にも酔ってるけど、ムードにも酔ってるんじゃ・・・。」by シュージン。

何か結局、平丸がほだされて、中井をアシスタントにってことになりました。
・・・ってタッチが全然違くないか?

しかしやっぱり図に乗る中井。
もう良いよ、田舎に帰って。


『NARUTO』

私はイルカ先生にはナルトを止めて欲しいかったな、やっぱり。
だからビーがイルカに「ナルトの心ン中に常にアンタが見えた。アンタの心がナルトを守ってきた。」とか言われて、感激してプルプルしちゃうのには呆れる。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

ナルトを止められなかった反省ってものはないのか?。

修行を実戦で兼ねるって言うのはジャンプでは王道で、今週の『一護』もそうなんですけど、ナルトが他のキャラと完全に違うところは、ナルト自身が味方に対する凶器になりえることなんですよね。
だからこその修行じゃなかったのかなぁ。

ナルトを追うビー。
忍連合は結界を張るが、八尾と九尾相手では、簡単に破られる。
こんな状況で、こんなところに戦力使わなきゃならないって事態がそもそも・・・。

八尾と九尾が出てきたことを察知するゼツ。
ってことで、御大・マダラが参戦です。

口寄せされたデッカイのって、今までの尾獣の合体?。
イヤ、まだ登場させるには早いか・・・。


『銀魂』

銀さん、最低・・・。

これってアニメでやる時は、スタッフはピン子さんに菓子折りの1つも持って行くのかしら・・・。


ピン子ちゃん組のデート場所はいきなりの真剣勝負です。

先ず動き出したのは東城!!。
“オムツ”にかこつけるこの誘い方。
これを遊佐さんが演じるのかぁ...orz...

「あのホントいい加減にしてくれませんか、ウチ本番はナシなんで。」

ピン兵衛ちゃんはピン子サロンのデリバリーピン子でした。(コスプレ対応)
ゲームの中まで通ってるのか、東城。

しかし粘る東城。
そこに店長、登場!!。
ストリートファイター化してます。

次に登場したのはさっちゃんと銀(ピン)さん。
今度はドラクエ化です。
こちらも店長とバトル突入です。

さて未だ動けない銀さんの前に、新八 & 百々と、沖田 & 鞘花、登場。

「あ・・あれ・・・なんか変な所に迷い込んでしまった。」by 新八

な~にが!!。

しかし百々さん、「私を迷子にして。」

かゆい!!。
今週もかゆい!!。

一方の沖田の方。
「迷子にならないよう今度は私が鎖をお引きします。」by 鞘花

「鈍い豚だねェ、お前の生温い攻めじゃ私はもう何も感じなくなっちまったんだよ。部屋はもうとってあるんだ。お前に本当の苦しみと快楽を教えてやるよ ボウヤ。」

何と鞘花ちゃんがS化!!。

引き摺られてる・・・。
沖田が首に鎖つけられて、引き摺られてる・・・。

イヤー、新鮮。

って言うか、凄いな、空知先生。
沖田ファンを敵に回すこともいとわないんだ。

さて、銀さん。
やっぱり動けない。
“おっさん”化したセコンド近藤。
「立てェェェ!!、立つんだジョぉぉぉ!!。」

ってことで、銀さんの××には“ジョー”と言う2つ名がついたようですわ。

光る銀さんのジョー!!、巻き起こる風。
すると何とピン子が美少女に!!。

「誰って俺の女(ピン子)だよ。」
急に態度を変える銀さん。最低
今週、色々最低な銀さんでしたが、私的にはここが一番最低かもです。

大人には時にはチェンジできない時がある。
現実から逃れるために幻を作り出した新八たち。
大人は現実と戦う為に幻を作り出す。

それこそが現実を変える御技、強大な幻想、「愛」

おっと、思わず頷きそうになっちゃったよ。

銀さん、近藤さん、それって単なる現実逃避って言うモノじゃあ・・・。

強大な幻想「愛」が作り出したピン子さんはツンデレさんです。
エナリまで美形になって、ピン子さんの本当の気持ちを教えてくれます。

実はエナリが卓蔵さんの連れ子で、歳もエナリと変わらず、結婚した卓蔵さんとは手も握ったことがない事実が暴露されます。

凄い幻想だな、これ。
ちょっと『真珠夫人』を思い出したりして。

しかし卓蔵さんは『真珠夫人』の旦那さんとは違い、やっぱり良い人のようです。
あの世からエールを送ってくれます。

銀さん、ピン子さんをベッドに投げ出します。最低

ぱっつぁん、受けて立つ気です。

銀さん、既にパンツ一枚、その気満々です。最低

現実なんてゲームのように思うようにはいかない。
「どんなべっぴんも屁をたれるし、ウンコもする、やがては年老いシワだらけのババァになる。人を愛するっつーのはそーいうもん全部ひっくるめて背負うってことだ。そんな現実すらかすませる幻想、強い思い、それが愛って奴だ。」

いつもの偉そうなお説教も、今週は全然心打たれません。

ま、少年マンガなんで、幻想も“店長”に変わっちゃって、文句言ってる銀さんがまた最低です。

「俺の嫁」とか言っちゃって、モザイク付けられちゃって、情けない...orz...
他のみんなを正気に戻したのは良しとして、新八どころか、銀さんまでゲーマー廃人だし・・・。

お妙さんと神楽ちゃんはどうするんだろう、この2人を抱えて。



『べるぜバブ』

HPフルのヒルダ、強い!!。
焔王の侍女悪魔3人をあっという間にやっつけて、しかし本番はこれから。
護衛師団が登場。
侍女3人を「貴様らは用済みだ。」はお約束。

ヒルダ vs へカドス。
へカドスさんったらカッコつけたのに瞬殺されてます。
なのでナーガ、グラフェルが加わり、三対一になるか?。

そこに真打・主人公、登場。
・・・と思ったら、あらアランドロン?。

・・・と思ったら、男鹿が足首持ってるよ。
アランドロンでボッコボッコにするらしいです。

こう言うところが『べるぜバブ』は面白い。



センターカラーは『トリコ』

表紙はトリコとゼブラと、例のGTロボに似た得体の知れない生き物。

料理人・小松の指示の元、メロウコーラGETの為に頑張るトリコとゼブラ。
ついにサラマンダースフィンクスの目から涙が!!。
喜ぶ3人。

しかし例の生き物が小松を突き刺す。

トリコとゼブラはHPを随分消費しちゃってますよね。
大ピンチ?。



センターカラーは古舘春一先生の読み切りの『ハイキュー!!』

絵は好きなんですよ、とっても。
最初の「くつひもを硬く結ぶ」から「ボールにこの手が届くように。」までが良い。
そして最後にそれを受けて、「戦いのコートにずっと立っていられるように。」で結ばれるのも好きです。

ただ、どうして同じようなキャラが、同じ様な展開でスポーツするんだろう?。
もうちょっと・・・新鮮味がある話が読みたいですー。




『戦国ARMS』

いつかは秀吉の首を獲る気でいる政宗。
・・・ってことで完全に仲間フラグ。

政宗のソドムの力に大ダメージの光秀。
「誰にも負けぬと言ったろうが!!。主を裏切るのか、バカモノ!!。」とお長。
「いいえ、お長様、裏切り者の呼び名はもう二度と御免ですから。」と立ち上がる光秀。

光秀は政宗に、天下を獲ったらこの国をどう導くのか?、と訊く。
特に考えはなし、の政宗。
とにかく、この大地の全ての者をひれ伏せさせたいらしいです。

政宗の戯言に、光秀、本気に。
般若心拳、発動。

・・・で、きっと政宗は仲間になる・・・と思うんだけどな。


『BLEACH』

この掲載順か。
これって「序章」みたいなもんだと思って読んでるんですけど、それがこうも長々と続くと・・・。
どう言う風に話が進むのか、その方向も曖昧なままなので。

一護の完現術は装衣型。
元々一護の卍解は死覇装も含めてで、力を纏った姿こそが本来の姿。
・・・と茶渡が解説。

いきなり一護 vs 月島。
ほら、一護も「実戦=修行」ですから。

月島が織姫を襲ったことを話しそうになったので、茶渡、間に入って避難。
一護の完現術がどの程度か分からない今、聞かせるは一護を動揺させると判断。

しかしちゃっかり聞いてる一護。
雨竜を斬ったのも月島なのか?。

ってことで、一護 vs 月島、再び。
一護の完現術は未完成。
一護を斬ろうとする月島、間に入る銀城。

毎週書いてますけど、もう少しサクサク話を進めてください。<(_ _ )>おねがいします



『REBORN !』

うっわー、『REBORN !』もこの位置かぁ。


やっと・・・やっと・・・の骸祭ですわよ!!。

D・スペードなだけにトランプを使うD。
自分自身の大空の霧属性と、加藤ジュリーの砂漠属性の2つの切り札を手中に収めている。

一方の骸は、クロードの置き土産・ボンゴレギアの原石を出す。

おぉっとイヤリングですよ。

って言うか、イヤリングがこれほど似あう男キャラが他にいようか?。

形態変化した骸の武器は錫杖(みたいなもの)。
それを突くと、漢数字が書かれたいっぱいの目が現れ、Dを取り巻く。

幻術を魅せられると言う事は、五感を司る脳を支配されるということ。
知覚のコントロール権を剥奪されたことを示す。

Dはただ骸の手中で、為す術も無く遊ばれるのみ。
何かお釈迦様の手のひらの上の孫悟空みたいです。

握られた手に潰され、更に縛り付けられるD。
止めを刺そうとする骸。

しかしDの姿がクロームに変わる。
今度はいっぱいのトランプです。

現れたのはクロームやフランたち。
10年後のフランはとっても可愛い。
・・・と言う事はさておき、骸に攻撃をしかけるクロームたち。

幻術だと分かっていても、絆の深い肉親、仲間の幻覚を目の当たりにすると反射速度が鈍る。

「僕がお前達を殺すのに躊躇するとでも?。」と骸。
クロームは「骸様なら!!」と、骸を突き刺そうとする。

しかし5人を突き刺す槍。

だよねぇ。
Dったら骸に普通の人間性を期待しすぎ。


「僕と言う人間を理解してませんね、D・スペード。僕にとって彼らは情などで結ばれた仲間などではありません。」

「僕自身です。」

クロームが奪われたことに怒りを見せたのも、
「クフフフ、当然です。他人に自分を操られるのは面白くありませんからね。」

情するも超えた一体感、絶対的な絆!!。

Dは消えて行き、その姿は加藤ジュリーに戻っていく。

「さらばです、D。」

「堕ちろ、そして巡れ。」

キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー 骸、素敵!!。

・・・は良いのですけど、

Dってばこれでお終いですかぁ?。

すっごく大仰に登場しておいて、さも凄そうに自分を語っておいて、これ?。
そう言えば、ちょっと化はしていたっけ、確かに。

ところでクロームは無事なんでしょうね?。



『黒子のバスケ』

挨拶だけで人呼び出して、自分はさっさと退場。
どこまでも自分勝手な赤司です。

そして始まりました、ウィンターカップ。
先ず戦っているのは黄瀬君です。
スピードが上がっているようです。

誠凛は先ず桐皇と当るのかぁ。
その桐皇ですが、「新鋭の暴君」と呼ばれているそうです。

黒子の「今度はもう絶対に負けません。」発言も飛び出し、試合開始!!。

おぉ!!、各メンバーが紹介されてるのはとっても親切。
試合終わるまで取っておかなきゃ。



『ぬらりひょんの孫』

鯉伴 vs (過去)黒田坊なんですが、この萌えなさ加減は何だろう!!!

鉤爪で鯉伴を攻撃する黒田坊。
鯉伴はかわすが、黒田坊は材木を砕いて飛ばし、その死角から再び鯉伴に襲い掛かる。
鎖を使う黒田坊、鯉伴の右手の自由を奪う。
更には蛇尾丸を繰り出す黒田坊、鯉伴の体を八つ裂きに。
しかしそれは明鏡止水。
刀を一閃の鯉伴、しかしわずかに浅いか?。
飛び上がった黒田坊が次に出した武器は・・・これ火縄銃か?、しかもいっぱい。

「絶え間ない刃の上でどこまで踊れるかな・・・。」と黒田坊。
うーん、惜しい!!、口元も見せて欲しいかった。←そこ?

黒田坊に「一体何の妖怪だ?。」と問う鯉伴。
「拙僧はただの暗殺者。それ以外に存在する理由など無い。」
「そりゃつまんねぇ妖怪だな、殺してもかまわねぇや。」

ってことで、今度は刀同士の戦いに。
黒田坊、錫杖で鯉伴をつこうとするが、鯉伴はユラリとかわして黒田坊の懐に入る。

とらえどころのない鯉伴に対して暗器全てを放射線状に出す黒田坊。
しかし「ま・・・いくら武器が多くても的がしぼれねぇんじゃただの玩具(がらくた)だ。」と
鯉伴は武器の上。
そして上からズバッと黒田坊を斬る。

・・・とまぁ、こんな感じでしょうか。

過去話で、読者としてはどちらの武器も分かってる戦いなので新鮮さはないですけども、結構楽しめたかな。
せっかくの鯉伴と黒田坊の戦いなんだし、ってなるコマがあると尚良しだったのですが。

特に黒田坊だよ!!。
このチャンスを逃したら、もう次はないぞ!!。



『めだかボックス』

それぞれ何癖もありそな候補者たち。
その候補者に向ける、面接者の生徒会役員のセリフが、西尾維新っぽい。

誰が安心院の悪平等か特定できないめだかたち。

・・・って、全員がそうなのかい!!。
そりゃそうか、ジャンプのバトルは基本一対一だし、ってことは敵は1人ってありえないか。

「5人のうち誰も正体を見抜かれる事はありませんでした。」って言ってるけど、それは裏を返せば、誰1人めだかたちを完全には騙せませんでしたってことだと思ったりする。

で、次は球磨川がピンチになりそう?。



『保健室の死神』

真理也って、実は出来の良いお兄さんのストレス解消にされてるのかなぁ・・・なんて思った。

そうか、ハデス先生も、鈍のナイスバディに赤くなるような時期もあったのね。

人の痛みを受け止めること、悪を許すことで人を救う。
だから真理也にとって傷は誇り。

そう言われても、そりゃ心配するよね、逸人。
その逸人に対して険悪な視線を向ける、真理也の兄・明羅。
典型的悪魔と天使な兄弟ってとこでしょうか。
これが見た目と違って実は・・・だったりしたら面白いんだけど・・・。




22号のジャンプは9日発売。
巻頭カラーは『こち亀』
センターカラーに『銀魂』、キャラ人気投票発表!!。
また面白いことをやってくれるかしら、凄く楽しみ。

他には『べるぜバブ』と、麻生周一先生の読み切りです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

合併号・・・・・もうGWなんですねぇ2011年になって、もう三分の一が過ぎようとしている・・・・そう考えると時が経つのが早すぎるっ!!年取るわけだわ~~~~なんて愚痴は...
週刊少年ジャンプの感想です。 合併号か…。
月曜日はジャンプの感想です今週号は合併号ということで巻頭カラーはワンピースセンターカラーにトリコ、マジコ、読み切りのハイキューではワンピース感想はこちらバクマン感想はこ...
 週刊少年ジャンプ 2011年 20・21号 感想  黒子良い感じですよね!!  保健室の過去編も面白いのう^^     次のページへ
表紙はジャンプ主人公勢揃い。 って、えぇぇ~~~!銀さんその顔~~~ッッッ(@д@;) 巻頭は「ワンピ」。 の前に、キャンペーンポスターの一覧が素敵♪ こういうのって地方在住だとなかなかお目にかかる...
表紙は皆のとびっきりの笑顔!!でも、ボッスンと銀さんのコラボが続いているのか笑える顔になってます!男鹿の毒気の無い笑顔も可笑しいです!巻頭カラーはワンピース。折込はキャ...
ここは“WJ20・21合併号”レビューのトラックバック用の記事となっています。 中井さん、アシスタントになってもニートなんですね レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201104250003/ 【送料無料】ONE PIECE...
ジャンプ20・21合併号ネタバレ感想
超特大プレゼント!!銀魂のモザイクタオルは、ネタに走りすぎ。らしくていいけど(笑)アニメ化されると失速するのが定番の漫画の中で、アニメ化を逆手に取って、むしろ「これをア...
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。