≪04  2017-05/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週刊少年ジャンプ 23号 簡単感想
おはようございます。
半年に一度の定期検査に行ってまいりました。
結果は良好でした、はい。

でも疲れちゃったので、感想は簡単に。
まったく病院ってヤツは何故行くだけでこうも疲れるものなんでしょうか・・・。


表紙・巻頭カラーは新連載の『奇怪噺・花咲一休』です。
とんち好きの化け物が挑む問答。
答えを出せれば願いが1つ叶う。
しかし出せなければ魂を喰らわれる。

何でも斬れる刀、しかしたった一つ寺の境内の中で斬れぬものとは?。

えっと・・・ごめん、答え分かっちゃった。(^^;)A
それでも楽しく読ませてくれたのは、新人さんなのに凄いです!!。

絵も上手で、何よりジャンプマンガに大切なハッタリが利いたコマが描けるところが
あとはとんち問答のアイディア次第ってところでしょうか。

願わくば先輩マンガ家さん達が歩んで失敗した道にだけは行かないようにと・・・、はい。

次週も楽しみにしてます!!。


『ONE PIECE』

回想シーンが長い...orz...

海軍による情報操作で、「人間がタイガーの献血を拒否」したことになってしまいました。

うーん・・・、でも真実が伝わっても、それはそれで良くなかっただろうなぁ。
あのタイガーにして、人間に対する憎しみを捨てられなかったって言うのはねぇ・・・。

オトヒメ様は人間と解り合おうじゃないかと駆け回り、
ジンベエは王下七部会に入り、
その恩赦で出獄したアーロンは自身の海賊団を作る。

そして魚人島に天竜人が・・・。
次週はオトヒメ様の死の原因が分かるでしょうか。

子供のシラホシ姫が、デッカイけど可愛いです。


『トリコ』

“生き物”強し!!。
スタミナ切れが心配なトリコとゼブラは合体技で一気に決着を付けたい。

小松との「トリコさんに・・・どうか・・・力いっぱい協力してあげてくださいね。」の約束守って頑張るゼブラ、実はとっても良いヤツなんじゃないかって・・・。

・・・って、小松はこれでゼブラのパートナーか?。



『トリコ』

九尾の誘惑をものともしないナルト。

でも「戦争を本当に1人で片付けられると思っているのか?。そりゃ無理ってもんだ・・・。」ってトコはちゃんと聞いておけ・・・と思ったりする。

そしてナルトとサスケの過去話です。
サスケは確かに憎しみに捉われていたけど、こんな荒みきった目はしてなかったぞ。
ナルトを受け入れる心の純粋さも持ち合わせていたと思うんだけど、初期は。

「自分が決めた事に疑問持ったら終わりだ!。サスケは何とかしてみせるし 戦争だってどうにかしてみせる!!。」

たまには疑問を持ってみようよ。

でもこれで結果オーライなのが『NARUTO』。


『REBORN !』

デイモンは最近手に入れた難易度の高い奥義で、骸の身体を手に入れたようです。

現れた復讐者は、デイモンが牢獄を破壊している、と告げる。
既にデイモンは人の領域を超え、脱獄は時間の問題。

さて、その問題を全部ツナたちに丸投げする復讐者。
自分達で対処出来るけど今は避けたいそうです。
でもその理由は言わない。

復讐者から、デイモンを倒せば、牢獄にいるファミリーを解放するとの約束を手に入れるツナ。

復讐者はI世とコザァートの誓いに立ち会っていた男。
バミューダの輝きと共に復讐する者。

何のことかさっぱり分かりません。

ついに来たデイモン。
デイモンの手に入れた霊圧は、復讐者と同じ属性のもの。
・・・ってことは、復讐者も人の領域を超えてるわけね。

先週のホラーから、何をどうやったらこんな美しい男になるんでしょう。
その姿はもう王子様

でも骸はこう言う長髪より、やっぱりいつもの方が素敵だと思うな。

「さぁ、終えましょう、君達の世代を。」

デイモン1人に総力戦ですかね。


『銀魂』

『パイレーツ・オブ・カリビアン4/生命の泉』の公開に先駆けて、今週はジョニー・デップの映画がTVでてんこ盛です。
私、『シザーハンズ』は大好きなんですよね。

で、『銀魂』ですが、

携帯のメール画面だけで良くここまでページを稼げるな。

とか

パ・チンコネタで良くここまで話を繋げられるな。

とか

下エロネタ満載から良く人情話にもってきたな。

とか

色々思うところはありますが、携帯をおじいさんに返して、でもお揃いのストラップはちゃんと銀さんと新八が持ってるのを見て、自分のストラップを見て笑う神楽ちゃんがとっても可愛いかったので、まぁ良し。

来週は期待してます。

あ、「天国まで届きましたか」のメール画面の携帯持ってる、傘で目から上が隠れた神楽ちゃんが

お兄さんそっくり!!

って思ったのは私だけか?。



『バクマン。』

「マネしていい事といけない事の判断がつくように育てます!!。」 by カヤちゃん

もうね、これにつきると思うんですよ。
良い事言うぞ、カヤちゃん。

「PCP」模倣犯の登場でナーバスになっているシュージン、無意識に“安全”な話つくりをしていたか?。
落ちるアンケート。

そしてエイジがついに「ジャンプで一番の人気作家になったら、嫌いなマンガを1つ終わらせる権限を下さい。」を実行する気か?。

弱気になって持ち味を失ってた「PCP」の事なんだろうなぁ。
でもシュージンも自分の気持ちに気付いてやる気になってるし、大丈夫だとは思うけど。

や~、もう「嫌いなマンガを1つ終わらせる」設定って、出てこないと思ってたわ。


『べるぜバブ』

本編開始早々、ベル坊が可愛いったらありません。

黒ベル坊の羽と尻尾をむしって懐かせた男鹿。

「いい事を教えてやる。 ベル坊は人間を滅ぼしたりしねーよ。なんでか解るか?。」

「オレが親だからだ。」

このセリフを待っていたですよ!!。

だってベル坊 vs 焔王ったって、要はどっちが人間を滅ぼすか?って話でしょ。
人間が一生懸命に戦ってるのって変じゃない?・・・って思ってたし。

男鹿の言葉に危険を感じた柱爵・水竜王ナーガは魔力解放。
対して男鹿は黒ベル坊と一緒にあみだした技を出す?。

・・・って、アランドロンに続いて、今度は哺乳瓶!!。

ところで“ナーガ”とか言われちゃうと、「オーッホッホッホ」とやりたくなるの、つい。
↑これが分かる人がどれだけいるか・・・(´。`;;;)




『めだかボックス』

球磨川がカッコ良すぎちゃって、善吉の立場はどうなるんだ?って事が心配です。

新人5人組は“異常性”も“過負荷”も、何のスキルもない“普通”だそうです。
どっちにもなれるって事ですね。

戦いを避ける安心院さん、ジャンプ敵キャラとしては、ある意味最強なんじゃないかって気がしてきたわ。


『BLEACH』


ドガンバゴンと派手にやりすぎちゃって、周りに人が集まってきたので、月島、撤退。
銀城は、月島に何か別の思惑があるのか?と思案してますが。

織姫は雨竜に呼び出されて病室に。
月島に斬られた2人の症状が何故違うのか?、雨竜に驚愕の表情。

一護は雪夫の能力下で銀城とバトルで修行。

茶渡と織姫がパッタリ。
一護の修行に織姫の力が必要らしい。

感想は、「久保先生、もう少しサクサク話を進めてください。<(_ _ )>おねがいします」、以外特にありません。


『黒子のバスケ』

『テニプリ』がスポーツマンガと言うジャンルから完全に別れを告げたのは、菊丸が影分身をした時だと思ってますが、『黒子』では今週かも。

・・・と一瞬思いもしましたが、やっぱりイヤイヤ、まだまだ

偉大だな、『テニスの王子様』。

“加速するパス・廻”は螺旋状に回転させてボール軌道を安定させ、飛躍的に威力を高める。

例えれば拳銃の弾のように。

ボールはブロックに入った青峰の手をはじき、木吉にわたる。
木吉はそれをダンクシュート、しかし桐皇の若松がブロックに飛ぶ。
・・・と木吉はパス。
火神がアリウープ。

しかし実力は桐皇の個々のメンバーが上か?、わずかに流れは桐皇に。
そこで火神は、青峰に対して1対1のエース対決を挑む。
負ければ流れを一気に持っていかれかねない。

勝つのはどっちだ!?。
で、次号へ。


『ぬらりひょんの孫』

盛り上がらないね、どうも。
ちゃんと完結せずに、話があっちに行き、こっちに行き・・・って言うのがどうもね。

あとねぇ・・・、私は強い敵キャラの羽衣狐が好きだったのであって、実は鯉伴に守られるか弱い妖怪でした・・・ってのが、もう・・・。

山ん本主催のお茶会。
天下の副将軍・水戸光圀公もご参加です。
で、この光圀公が初代ぬらりひょんの茶飲み友達ってわけか。

ってことで、光圀公の手引きで、敵のお茶会に乗り込んだ鯉伴。
外道共を退治する<怪>が始まるようです。



23号のジャンプ、巻頭カラーは『トリコ』
センターカラーに、2周年&人気投票開催記念の『めたかボックス』
そして『いぬまるだしっ』と『奇怪噺・花咲一休』です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネタバレ注意・・・・ってほど書いてないですけどねwww銀魂の感想は→こちら表紙・巻頭カラーは新連載 花咲一休前に読み切りになってた話ですな坊さんが主人公・・・・・・戦国...
表紙・巻頭は、新連載「奇怪噺花咲一休」。 昨年度の金未来杯から連載にこぎ着けました。 私は割と好きなジャンルですけどね、こういう言葉遊びみたいなの。 まずはカルマと名乗る化け物と、人々の命をめぐ...
妙なドラクエのパクリのドラマが話題だそうですが・・・ 何かもう、アニヲタやゲーヲタばかりで、まともな本を一冊も読んでなさそうな人達が作るTVが、メディアとして衰退してしまったのも仕方ないかなぁ...
 週刊少年ジャンプ 2011年 23号 感想     次のページへ
表紙は新連載の「花咲一休」です。とんち坊主と妖怪の組み合わせ・・・とんちで読者を読ませ、見せられるかですねえ。ネタが豊富かどうかにかかってきそう。感想は様子見です。折込...
「べるぜバブ」・・・“スーパーミルクタイム”が気になりますね 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105160003/ ONE PIECE 62 (ジャンプコミックス) posted with amazlet at 11.05.16 尾田 栄一郎 ...
ジャンプ23号ネタバレ感想 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。