≪07  2017-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『SKET DANCE』 第26話 「SPIRIT DANCE」 感想
コラボアニメの『SKET DANCE』パートです。

あらすじは公式HPから。

スケット団の部室にありえない三人組がやってきた。
どうやら次元転移装置の故障でスケットダンスの世界に流れ着いたらしい。
装置の修理が終わるまで居座るらしいが、みるみる彼らにペースを奪われ焦るボッスン。
果たして無事に元の世界へ帰らせる事ができるのだろうか!。



声優さんネタはお約束ってことで。
ジャンプアニメは結構声優さんが被ってるんですよね。
特に杉田さんは多いんじゃないかなぁ・・・。


私、『SKET DANCE』ははじけ過ぎない、“普通”なところを残してるのが魅力だと思うの。
だから『銀魂』みたいにボーダーラインを軽々と飛び越えちゃうアニメと比べると、そりゃ地味になっちゃうと思うんですよね。
分が悪くてちょっと気の毒かも・・・とは思ってました。


源外さんの次元転移装置でスケット団の世界に来てしまった万事屋御一行。

銀さんの顔が時々微妙・・・。
神楽ちゃんは可愛い。
新八は・・・まんま?。

しかしこうやって他のマンガの世界の中で見てみると、いかに神楽ちゃんが銀さんに悪い影響を受けてるのかが分かるわぁ。
ヤンキー座りに、下ネタ連発。(^ ^;)

ボッスン、乗っ取られそうだと焦ります。
ちなみに“ボッスン”の正しいイントネーションを私はこの原作で知りましたわ。

スイッチはマイペース。
でも銀さんコスプレがとっても素敵。

ヒメコは新八とツッコミ担当バトル。

篠原先生の自虐ネタを銀さん、何てイジワルそうに言うんだ!!。

最初と最後を入れ替えるゲームのジャンプネタ、とっても楽しめました。
めだかちゃん・銀さん、酷すぎ。

さて、スイッチが次元転移装置を直し、銀さんたちは自分達の世界に帰ることに。
ここで出ちゃいます。
銀さんの良い話ネタ。

「アンタらとは同じジャンプ原作アニメとして、同じ時代を生きてる縁がある。他人じゃねえ、戦友だ。」

舞台がどこだろうと、やっぱり良いわぁ、杉田・銀さんの良い話セリフ。

応えてボッスンは「オレ、ずっとアンタの背中見てたんだからな!!。オレらはここで何だかんだグダグダやってるぜ。アンタは前で派手に扉をブチ破ってってくれよ、ドゴシャァ!!って。」

このやりとりは銀さんらしいし、ボッスンらしいです。

ここで銀さんたちが無事『銀魂』Worldに帰れば、何て良い話だで終れるのに、そうは問屋がおろさない。
スイッチがOPでタイムマシン機能つけちやったので、一行は『SKET DANCE』の1話の世界へ。
しかも神楽ちゃんと新八をどこかの時空に落としてしまった。

ってことで、過去から『SKET DANCE』をたどって二人を探します。
無事に見つかったものの、新八は本体・眼鏡を紛失してしまって、影が薄くなって行く!!。
膨大な過去映像からリーダーとしての意地をかけて眼鏡を探すボッスン。

・・・ってことで、無事万事屋ご一行さんは自らの世界へ帰って行きましたとさ。
ボッスンと銀さんの握手が良いな。


篠原先生は、空知先生のところでアシスタントをしていたので、空知先生、『銀魂』に対する尊敬の気持ちみたいなものを、ボッスンのセリフから伺えて、それが良いです。

残念なのは『銀魂』の方は、『銀魂』世界でボッスンたちスケダンキャラも、銀さんと一緒に動いていたのに対して、『SKET DANCE』の方は、銀さんたちはゲスト的ポジションだなぁと思えたところ。
あと『SKET DANCE』アニメのご紹介に重点がいっちゃったところかな。

でも楽しめましたよ。
また是非見せてもらいたいです、コラボ。

EDに銀さんたちが。
このEDの感じ、良かったな。
何て男前な神楽ちゃん!!と思ったら、中は銀さんでした。

スタッフさん、ご苦労さまでした。
そしてありがとうございました。

・・・って、おっと、最終回迎えたアニメ感想と同じフレーズで〆ちゃったよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャンプの何でも屋は俺たちだ!!!木曜夕方6時の勝負が始まる!「SPIRITDANCE」あらすじは公式からです。スケット団の部室にありえない三人組がやってきた。どうやら次元転移装置の...
『スケット団の部室にありえない三人組がやってきた。どうやら次元転移装置の故障でスケットダンスの世界に流れ着いたらしい。装置の修理が終わるまで居座るらしいが、みるみる彼らにペースを奪われ焦るボッス...
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。