≪10  2017-11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今期終了のアニメの感想 『BLOOD-C』
『BLOOD-C』が終わりましたので、その感想です。


ま、で、いつから面白くなるんですか? と質問しながら見ていたアニメでしたが・・・。(^_^;



最終回は・・・。

捕らえられた小夜、その血を採られる。
小夜は変わることが出来るのか?。
全てはその為の実験。

小夜は古きものの血を糧とし、彼らを従わせることの出来る存在。

裏切り者の時真、のの、ねね、を“古きもの”に喰わせる文人。
小夜の助けで逃れた香奈子は、しかし父様・唯芳に喰われる。
唯芳は人と古きものの間に生まれた存在。

小夜は何者かによって、人は殺さない、守ると暗示がかけられていた。

古きもの本来の姿になる唯芳を斬る小夜。

文人に操られている古きものが小夜を襲う。
小夜を庇って倒れた委員長。
更には私兵まで。
激しい怒りにかられた小夜はヘリコプターに乗った文人を追うが、文人の銃弾に倒れる。

次の“願い”に行くか?と問う犬。


・・・ってことで、本編は映画にて!! な最終回でした。

イヤー、白塗りが多かったですね。

これって全4話くらいでギューっと濃縮すれば面白かったかもね?、って思った。

最後の2話くらいかなぁ、面白くなってきたと感じたのは。
それまでは退屈で退屈で。

不思議ちゃんの小夜が父様と会話して、朝食をカフェ・ギモーブで食べて、変な歌歌いながら登校して、学校ではお友達にヨイショしてもらう。
そしてお家に帰ると古きものとの戦いが待っていて、血まみれになる、と。

ずーっとこれでしたからね、最初の方。
お友達がボロボロ死んでいっても、本筋が進んだ感じが全然しないし。

『BLOOD +』もグダグダなストーリー展開になってしまったけど、「あれの方がどれだけ面白かったか」と何度も思いました。

で、結局長ったらしいプロローグだったのね、これって。


続きは映画で・・・なアニメはあるけど、あくまでTV版もそれなりの結末を迎えて更に・・・だったと思うんですね。
こんな風にまるっとTV版はプロローグで、本編は映画って言うのは、ちょっと思い浮かばない。

それは手段としては良いと思うんですよ。

ただ『BLOOD-C』は面白くなかった って事です。

ネームバリューのあるブラッドシリーズをCLAMPキャラで作れば、相応のお客さんはつくとでも思ったのでしょうか?。
これでは映画に誘うTV版にはならないと思うんだけな。

私は割と「これは私には合わない」と思うとさっさと視聴を取りやめてしまうので、最後まで見たアニメには多少の不満点はあったとしても、まぁ、満足してるんですよね。
見なきゃ良かったと思ったのは始めてかも。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

真実を知り、己の正体を知った小夜。茶番は終わった。「わすれじの」小夜がそのままの小夜でいられるのか、変わってしまうのか。文人との賭け。「試してみよう、二人で。」****...
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。