≪06  2017-07/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今期終了のアニメの感想 『青の祓魔師』
『青の祓魔師』が終わりましたので、その感想です。
これで前期終了アニメは最後で、ひとくぎりってとこです。

最終回はさすがは日5ってところを見せ付けてくれた、見ててワクワクする作画でした。

土6、日5の中でも、上位の作画だったと思います。


最終回のあらすじは公式HPから。

巨大なゲヘナゲートと化した魔神は、次元の裂け目を広げて物質界を飲み込もうとする。
燐と雪男は合流したシュラ、エンジェルらとともにゲートに立ち向かうが、圧倒的な強さを前に苦戦を続ける。
一方で学園の祓魔師たちも、無数の悪魔に追い詰められつつあった。
そんな中、勝呂が起死回生の策を発案! 果たしてその成果は…。
そして燐と雪男は最後の気力を振り絞ってゲートに立ち向かう。
愛する仲間と世界を守るために!!




いきなり『ファウスト』が出てきて、何かと思ったわ。
こう言うのをちょこっと借りるって言うのは余り好きではない。
それで作品の格が上がるってもんでもあるまい・・・。

最終回は見ごたえがありました。

燐と雪男が兄弟らしいところを見せてくれたのが嬉しい。
アーサー・オーギュスト・エンジェルがカッコ良いところをやっと見せてくれたのが嬉しい。

何より嬉しかったのは、祓魔塾生たちに役割をちゃんと振り、活躍させてくれたことです。

サブキャラってやたらいっぱい出てくるのに、ろくな活躍できないパターンが本当に多いんですけど、『青の祓魔師』は違いました。
ゲヘナゲートは燐や雪男たちにまかせ、自分達の出来ることをする。
その上で、ゲートを閉じるためにも役立っている。
祓魔塾生たちの活躍があったからこそ、燐や雪男たちも成し遂げられたという流れが、見てて気持ちが良かったです。

ただオリジナルストーリーに対しては思うところがあります。

何より燐と雪男の母親・ユリをおバカ女にしてしまったのは(ノ ̄◇ ̄)ノ~┻━┻ものですよ!!

人と悪魔が一緒に住める世の中?。
アニメにありがちな似非ヒューマニズムってヤツですか?。

父親のサタンってば、自分の子供、愛する(で良いんだよね?)ユリの子供の体どころか魂まで乗っ取り、殺そうとしたんですよ?。
そんな男の子供を産んだってことですよ。
そんな男と一緒に住む世の中を、人間の世界に求めたってことですよ。

しかも全てが終わった後、サタンを責めるでもなく、「早すぎた」だと?。
とんだバカ母です。


次は、サタンを魅力的に描けなかったことです。

私はこの手のものは、ラスボスは絶対に魅力的な方が良いと思うのですよ。
個人的には粗野よりも知性派の方が好みだけど、粗野なら粗野でも良い。
それならそれなりの魅力を出せてなかったと思う。

ただのチンピラ。
それがとてつもない力をもってましたとさ、って感じ?。


もう1つ、“悪魔”に対するこの作品のスタンスがしっかりしてないこと。
キリスト教的悪魔じゃなきゃダメだとか、そう言うことを言ってるのではないのですよ。

Cパートの燐のセリフ。
あれってば、悪魔に対するものじゃなくて、霊に対するものだよね・・・と思っちゃった。
(余談ですが、「あら、『デュラララ!!』のセルティが登場?」とか思っちゃった)

異形のものを扱う時は、それがどう言う存在なのかがしっかりしてないと、たいていの場合、話が長期化してくるとブレが出てくる。
だからアニメのユリみたいなキャラを出してしまうのですよ。


・・・と辛口の感想も書きましたが、前期終了アニメの中では、私にとっては上位の面白さのアニメでした。
作画が良いアニメってやっぱり面白いよねって、しみじみ思いますわ。

初回からガンガン引っ張って、毎回楽しみにさせる力があったと思います。

キャラの描き方も良かったと思う。
各キャラ、しっかりと性格付けして、物語を作ってあったと思う。
それが最終回の活躍に繋がったのでしょう。

原作のコミックがアニメ開始後に売上がすごく伸びたそうですが、それも頷けると言うものです。

“週刊少年”ジャンプの方も、今の世の中、ただアニメ化するだけじゃダメなんだよってことを、『青の祓魔師』でお勉強して欲しいですわ。


スタッフの皆様、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

映画も頑張ってください。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。