≪05  2017-06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週刊少年ジャンプ43号 感想 その1
おはようございます。

晩夏、初秋をすっ飛ばして秋が来てしまいました in 横浜。
私は季節の終わりと始めの、移り変わりの微妙さが好きなので、何だかなぁ・・・と言う感じです。

しかしお鍋が出来るじゃないか!!。

そうです!!、たんぱく質と野菜が一緒に取れて、残ったお汁は雑炊にするなり、おうどんで頂くなりして、全く無駄なく食べられて、美味しいと言う主婦にとってはとってもありがたい料理です!!。

が、しかし!!。

お野菜が高い...orz...

と言う事で、買った白菜と長ネギを大事に大事に食べて、「お残しは許しまへんで。」体制が強化されている我が家です。

スーパーで売ってる鍋用スープを見ると、最近は濃厚味が流行りか?って感じですが、私はあっさりの方が好き。

    


さて、『ONE PIECE』の休載がちょっと寂しい週刊少年ジャンプ43号の感想です。

表紙は祝! TVアニメ化決定!! 『黒子のバスケ』『めだかボックス』です。

『めだかボックス』は西尾先生原作なので、そこそこ連載が続けばアニメ化はありかもと思ってましたけど、『黒子のバスケ』の方はこんな早くに・・・とは思いませんでした。

藤崎先生のコメントが書いてありましたけど、もうとっても嬉しそう。
そのコメント読んだ私まで嬉しくなっちゃう。

なんですが・・・。

昨日、『青の祓魔師』の感想にも書いたんですけど、今やアニメ化するってだけではダメになっちゃってるんだな、売上とか伸ばしたいなら。
このアニメスタッフさんたちは作品を「好き」って視聴者が感じ取れるような、そんな選択をして欲しいと切に願う。

『黒子のバスケ』は最新ビジュアル公開で、黒子と火神の絵が。
え、黒子ってクールキャラだったんですか?と思ったりしましたが、二人ともなかなかカッコ良いです。

『SLAM DUNK』のアニメはあまり面白かった記憶がないんですが、『黒子』の方は頑張ってもらいたいです。



巻頭カラーは『黒子のバスケ』、主要キャラが揃ってます。

本編。

チームスポーツで勝算は「ないっす」「けどやる」は困っちゃうな、と。
ま、このまま戦っても負けが濃厚ですし、藁にもすがる気持ちで火神にやらせてみるしかないか、とは思う。

それを「託す」by 日向、「信じてますから。」 by 黒子と差し替えられるのが少年マンガの良いところ。

個人プレイの桐皇に対して、誠凛はあくまでチームで戦っているというところを見せてます。

そしてついに火神もモッドソウル化!!。
・・・じゃなくて、無我の境地に達する!!。

・・・じゃなくて、ゾーンに入ったようです。



『NARUTO』

雷影様他の解説で送る、我愛羅 vs 元水影の戦いの続きです。

「実力で勝てなきゃ、お前らは死んだオレ以下ってことだろうが!。」「そんなんで敵のボスに勝てるかぁ!!。」by 元水影。

全くだ。
倒さなきゃいけない相手に、その倒し方を教えてもらおうって考えが、そもそも甘い。
こんなんでマダラ相手に戦えるわけないじゃないかと思う。

我愛羅の父が残した砂金を砂に混ぜて、水と油で出来たデッカイ子供みたいなのを固める我愛羅。

「やっぱお前・・・、金のたまごだ!!。」by 元水影

我愛羅に関しては、他キャラがどんなに持ち上げようとも素直に「その通り」と思えるんだな。


『BLEACH』

ジャッキーを倒したみたいです、恋次。
ジャッキーを殺さないと、雪緒の作った空間は解除されない。
しかも戦いを観ている雪緒は恋次、ジャッキー、もろとも空間を消そうとしている。

「殺せ!!!」とジャッキー。
「女に手をかける男は屑だ。屑になって生き延びるのは、死んだも同然なんだよ。」と恋次。

死神にも強い女はいるし、敵として破面にだっていたよねぇ。
そのセリフはカッコ良いと言うより、「まだまだだね」って感じだよ、恋次・・・。

しかしその恋次の漢な気持ちがジャッキーを動かした。
「・・・あたしを助けてくれたのが、あんたみたいな奴なら良かったのに。」
そして爆発。
恋次を助けて、自らを殺したか?。

一方、シロちゃん vs 雪緒。
「こんなに立派になって」と涙が出そう。(゚ーÅ)ホロリ

空間全てが雪緒の能力、その中では雪緒は神。

神とか自分のことを言う奴は、碌な結末が待っていないことは、藍染が既に証明済。

次から次へと化物を生み出す雪緒。
「隊長なんてキレーな温室で可愛がられて育ったエリートなんだろ!。そんな奴が僕に勝てるワケないんだよ!!。」

このセリフで雪緒を“捨て子”見抜いたシロちゃん、自分の中にもかつてそう言う想いがあったんでしょうか。
兄様に・・・とか?。

雪緒くん、自分が放ったらかしにされたのが許せなくて、両親を自殺に追い込んだみたいです。

そんな事を話してるから、集中力がおろそかになってしまってました。
氷で足を捉えられた雪緒、さらに背後にはシロちゃん。
「シロちゃんをどこまでも追って叩き潰す設定」の化物たちが回りを取り囲む。

雪緒は設定を解除するのか?。

両親の自殺を知った時にやりすぎた、「そこまでするつもりはなかった」と言う想いがあって、それ故に投げやりに自分を落していった・・・と言うどこかで見た様なキャラかな、雪緒。
で、シロちゃんに救われるんでしょう、ここはやっぱり。


センタカラーの『めだかボックス』
見開きの表紙は、めだかちゃんのUPと、主要チビキャラたち。
とっても可愛い。

表紙の方のめだかちゃんのおっ○い見て思ったんですけど、アニメでは既にこの手のおっ○いは
受け入られ済って言うか、好きな人もいるようなので、無問題だな、と。

正直、最初の方は面白いとは言いがたいので、球磨川の登場を早めて欲しいな・・・なんて。(ノ▽≦)テヘッ

本編は安心院さんが善吉を主人公にすべく、説得中。

とりあえず西尾先生はジャンプ主人公sが大好きってことはよ~く分かりました。

面倒なのでとても全部は書きませんが、

「地球育ちのサイヤ人・孫悟空のように強く」「宇宙海賊コブラのようにダンディーで」「霊界探偵・浦飯幽助のように型破りで」アタリにはうんうん(゚ ゚;)(。 。;)、と。

「シティーハンター冴羽凌のように頼り甲斐があり」にはそうかぁ

「人斬り抜刀斎・緋村剣心のように優しく」にはそうなのよ

「天才バスケットマン・桜木花道のように努力家で」にはそうそう!!、と。
分かってらっしゃる!!。
ちゃんと努力を描くスポーツマンガって、もうジャンプでは無理なのかなぁ。


負けることが確定しているラスボスではない、勝つことが宿命づけられた存在。
「そんな主人公にきみもなってみないか?。」
それはフラスコ計画の実験体になることを意味している。

善吉の決断は?。

私は善吉はあくまで普通の人ってところが良いんだと思うんだけどな。



『トリコ』

ココが髪切ったら、ますますもみあげが目立つからやめてぇぇ!!。

ってことしか感想が書けません。
もみあげ男で櫻井さんの声って、マジないわ...orz...

次回からトリコと小松とココで、グルメカジノに行くらしいです。



センターカラーの『REBORN !』
表紙はミルフィオーレファミリーです。

相変わらずユニ姫溺愛のγさんでした。

代理戦争で勝てば、ユニの呪いを解いて、長生きできるようになる!!。
その権利を娘のユニに託して、身を引いたアリア。
ユニの代理として戦う白蘭。

そりゃ、γ、悔しい。
ユニの為に白蘭とタッグ組んで、戦うことが出来るか、ガンマ?。

さて、ホテルにて・・・。
ディーノがとっても素敵です。
XANXUSも迫力のカッコ良さです。

そこに虹の代理戦争を企画した者の遣い・尾道が登場。
来週は代理戦争の具体的説明のようです。

尾道さんの顔ったら凄くうそ臭いので、これは特殊メイクかなんかで、素顔は美形と見た!!。



『銀魂』

『スラムドッグ$ミリオネア』のパロディーでした。
映画は見てませんが、原作の『ぼくと1ルピーの神様』は読みました。
あれが空知先生にかかると、こうなるか、と。

「まるでダメオっさん達救済番組・クイズマダオネア」開幕!!。
もちろん司会は“のみもんた”さんです。

その挑戦者はマダオ!!。
江戸はかぶき町公園ベンチ横の住所が悲しい。

主人公が自分の過去の人生、経験から、クイズの答えを探っていくって言うのが『ぼくと1ルピーの神様』なんですけども、マダオの記憶ったら悲惨すぎ。。°°(>_<)°°。

第一問では寺小屋での授業を思い出し、早弁中の昔の自分に失望。
しかし隣りの可愛い女の子の記憶が今一曖昧・・・と思ったら、実はマダオは校庭で首吊りして、授業風景を見てました。

第二問では寺小屋で飼育中の家畜・プーちゃんを食べるかどうかで討論中。
その家畜がマダオでした。
「プーちゃんじゃなくて無職(プー)さんだったんだぁぁ!!!」
「じ・・・自殺しようとしていた所を拾われ、あろう事か家畜として育てられ、生命の授業裁判にまでかけられてたとは。」

空知先生、笑えません。
もう涙しか出てきません。

記憶の蓋を開けるたびに、封印していたトラウマが噴出す。
未来から刺す光明に歩を進める度に、過去の闇が俺の足をとらえてくる。

邪魔をするなぁぁぁ!!、俺は絶対一千万円を手に入れるんだぁ!!

しかしその為に記憶に向き合わなくてはならない。

第3問ではあの可愛い子とベンチに座ってお話している。
その子の家も貧乏らしい。

だからって、“マダオ”もこの子なら真っ当なダイナマイトボディの大人の女になる。

分からないクイズがあったら、プーさんにライフラインで電話をかけるから、その答えを教えてね。
けれどマダオはその約束を果たすことが出来なかった。

自分の中のこの一千万円への渇望は何のため?、誰のため?。

ダンボールハウスで一緒に住むことになったマダオと少女。
一緒に見た星空。
一緒にあさったコンビニの廃棄弁当。
一緒に捜した落ちて機械の下にあるガシャボン。

それらがクイズの答えになる。

クイズ・マダオネアの招待状をマダオに渡す少女。
見つかった父親は、しかし大変な借金をしていた。
マダオはそれを肩代わりし、返すための一千万円!!。

最後のクイズはの答は、あの少女!!。
一千万円を獲得。

しかし借金はまだ二千万円ありましたとさ。

マダオって実は良い人なのですよね。
そもそも今の状態になったのだって、銀さんたちに会った時に、人間の良さが出ちゃったからだし。

空知先生のお気に入りのキャラのマダオ。
その愛があるからこそのエピソード。

でももうマダオを空知先生の愛から解放してあげて!!



『バクマン。』

今度は『バクマン。』と『SKET DANCE』がコラボらしいです。
『SKET DANCE」は10月27日放映、28日放映に『バクマン。』

『トリコ』と言い、『SKET DANCE』と言い、他の作品に頼るってどうなのよ?。
『SKET DANCE』と『銀魂』のコラボだって、終わってみれば「やっぱり『銀魂』アニメって面白い!!」だったし。

一時の視聴率稼ぎと、見てもらうチャンスにはなるとは思うけど、結局大切なのは作品の地力なのだと思いますけどね、私は。


えっと『バクマン。』本編。
自分の『神様がくれた・・・』では3位以内に入らない蒼樹。
平戸に電話とはやるな。

しかし「勝ったら“カズタン”と呼びますから」の嬉しさにギックリ腰になって、休載とは不憫すぎる。

結果は1位に「正義の三肩」、2位に「PCP」、3位には何と代原で入った東の作品!!。

ジャンプを読んでもいなかった七峰。
敗因は「キャラクターの心」、人の気持ちが分からなければ、人の感情は描けない。

一方、東は力の全てを出し切った作品を最後に引退を決意。


意外と早く決着つけるところまで進んで、ちょっとビックリ。
七峰はもう出てこなくて良いよ。



『ぬらりひょんの孫』

鏡斎の腕を斬って鳥居を助け出したリクオ。
しかし鳥居が妖怪・滝夜叉姫に変化する。

一方、目を覚ましたケジョウロのそばには首無しが。
では珠三郎が狙っているのは誰?。

チェ、せっかく首無のカッチョ良い姿が見られると思ったのに。

意識のない鳥居・滝夜叉姫がリクオを攻撃する。
今まで斬っていた妖怪たちは皆、元は人間、それを鏡斎が妖怪化した。

「鳥居だってことは忘れる。」

リクオの刃に集まっていく畏。
鳥居・滝夜叉姫を斬るリクオ。
崩れていく滝夜叉姫、その中から鳥居が現れる。

畏を断って、妖怪だけ斬ったそうですが、良く分からん。
使った刀はなまくらだけど・・・って事ですかね。

リクオは鏡斎に斬りかかるが、本体を捉えられない。
自分の血を使ってリクオの絵を描く鏡斎に、右手が生えている。

体が動かなくなるリクオ。
九相図”って言う技らしいです。

あれ、鏡斎って山ン本の血?。
腕だって言う紹介ってあったっけ?。←全然記憶なし




『べるぜバブ』

人形達は悪魔が憑依しているようです。
下級あくまで、この島でしか生きられなくて、しかも人間が怖い。

なかなか礼儀正しい悪魔さんたちですが、男鹿たちが酔天に“暗黒舞踏”を教わりに来たと聞いた途端、対応が変わる。
一触即発?。

その時、酔天が現れ、人形達をとめる。
きちんと名を名乗れない男鹿を蹴り一発。
うん、これはやっぱり君が悪いと思うよ、男鹿。

酔天は葵ちゃんの母を知っているらしい。

さて、“暗黒舞踏”を修めるための最初の試練は男鹿 vs 葵?。

漢字四文字のはったり技を名乗って、肩透かし・・・って言うのが好きよ。



『HUNTER × HUNTER』

9ページに渡って、黒をバックにセリフだけ。
たぶんメルエムにもう力はなく、目を閉じているのでしょう、黒はその表現なのでしょう。
「おやすみなさい・・・メルエム・・・。」

そして見開きでメルエムを抱いているコムギ。

良い演出だと思う。

でもつい手抜きとか思っちゃうわな、冨樫先生なだけに

うーん、これが許されるのはジャンプの中でも極少数のマンガ家さんだけだろう。
そしてホントにやろうとか思うのは冨樫先生だけ・・・、あ、久保先生なら有りかも。

これで原稿料は同じなんだろうなぁ・・・。

さて、次期会長は投票で。
・・・ってことで、次章へ。


『ST & RS』

み~んな合格おめでとう!!。

その甘さが作品をつまらなくしてるんだな。
少年向きだって、挫折をきっちり描かなきゃ、私は駄目だと思います。



44号のジャンプは土曜日発売。
巻頭カラーは『NARUTO』です。
センターカラーに『ぬらりひょんの孫』、『鏡の国の針栖川』、そして3連大型読切第1弾として葦原先生の『実力派エリート迅』です。

葦原先生のマンガ好き!!。
とっても楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今週は色々と・・感想も遅れがち。その前に、北海道の旅行記もまったく手付かずで数ヶ月。やはり自分が心から望んだ旅でないとテンションがね。あの時は土方さんの最期の地以外は、...
表紙は祝アニメ化!黒子&めだか!!!です!ジャンプ総アニメ化計画!?(苦笑)連載途中の作品のアニメ化には思うところがありますが「バクマン。」のエピソードでもあったけど企...
表紙は「黒子」&「めだか」。共にTVアニメ化決定! めでたいことはめでたいけど、 どっちも掲載順下位を何度もうろついてるし、 大丈夫なんだろか? 巻頭は「黒子」。見開きで宙を飛ぶ2号が可愛い♪ ...
土影オオノキ、ぎっくり腰で全然動けないんで、解説役です。 二代目水影の蒸危暴威(ジョウキボーイ)は、水蒸気爆発を繰り返す分身で、 本体の水影を、ボーイの爆発前に封印しようとするけれど、って流れです。 オオノキが解説係になったら、元水影は解説やめちゃいまし…
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。