≪10  2017-11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『xxxHOLiC』 5/25 (5/26) 感想
サルの手の話。
庭でお茶をしつつくつろぐ侑子さん、こき使われているワタヌキは蔵の中の物を虫干し中。
柄の蝶々が逃げて行っちゃう絨毯とか不思議なものばかり。
そこへ“彼女”が訪ねてくる。
彼女は飾りの付いた筒が欲しいと言う。
ここに来たのも必然だからと侑子さんは譲るが、一つだけ守って欲しいことがあると。
「絶対にふたを開けないで。」
彼女は大丈夫かなと心配するワタヌキに、「ワタヌキは(筒に)気付かなかったでしょう、厳重に結界が張ってあったのよ。」と侑子さん。

学校で相変わらずのワタヌキと百目鬼、そこに昨日の彼女が。
教育実習中の大学生だと言う。
「まだ開かない」と言う彼女は「空ける気満々」だと百目鬼、それは「いつかは開ける」と言うことだから。
ひまわりとぶつかる彼女、筒はひまわりの手に、すると一瞬ゆがんで紐がとけ、ふたが開く。
サルの手ではないかと彼女は言う。「私は強運。」
さっそく試してみる、「夜までに雨を降らせて。」、そしてそれは叶う。

彼女とあれは相性が良くない、と侑子さん。
でも彼女は過信しているからきっと認めないだろう。
これから後のことは彼女しだい、でもそれはきっと転がる石のように。

翌日、教室ではプールの水がなくなったことが話題になっている。

音楽教室。
彼女はもう一度試してみる、骨董屋で見た鏡が欲しい、それは突然現れた。
サルの手の指が2本折れていることに気付く。一つの願いに一本の指。
「薦めない」と言う侑子さんの言葉を思い出すが、大丈夫、使いこなしてみせる。

ベッドの中で電話を取る侑子さん。
知り合いの骨董屋からやたの鏡が消えたと言う。

サルの手の持ち主は最後はひどい目にあうんだと、百目鬼。
「それは他人の話でしょ、私は大丈夫。」と彼女。

無から有は生まれない、願いの成就には必ずその代償もしくは対価を必要とする、そうワタヌキに言う侑子さん。

論文に悩む彼女、サルの手を持つ。

長距離走が終わったワタヌキと百目鬼、ひまわりがお疲れ様と声をかける。
嬉しそうな彼女が目に入る。
彼女に教授から携帯電話が、論文が認めれ、出版できるかもと。
サルの手が出してくれた鏡と資料のおかげ。
「あれ、恐そうだった。」と言うひまわりに、「私は運が強いから。私は特別。」

宝物庫の中で侑子さん。
相手を見て出方を変えるのは心があるものだけ。
あれには感情も温情もない、だから即物的、シビア。
彼女はその恐さが分かっていない。
だから石は更に速度を上げる。

実習最後の日に遅れそうな彼女。
電車を待ちながら、いっそ事故が起こればと思う。
その時、指の折れる音、隣の女性が電車に飛び込む。

音楽教室。
教授からの電話。
論文は既に草稿で提出されていたものと同じ、盗作だと。
飛び込みも私のせいになってしまう?、警察が来て・・・。
ドアを叩く音、精神的に追い詰められる彼女。
「今すぐ私の前から全部消してよ。」
最後の指が折れ、サルの手が伸びて彼女の首に。

音楽教室の前の廊下。
ドアが開かないと生徒。
ひまわりがノブに触れると開く。
そこには誰もいない、携帯電話があるだけ。

やたの鏡が戻ったと報告を受ける侑子さん。
筒も宝物庫に戻ってくる。
約束を破った報いも自分には無縁だと思っている。
特別なもの等ない。

でも願いは叶ったのね。




もともと原作も長い身体の絵なんですけれど、今回は強調しすぎじゃないかと。
すごくバランスが悪くて、CLAMPの“独特”のボーダーラインを越えちゃってると思う。

自分には関係がない、そう思いましたか。
強運などと言う取り留めのないものだけではなく、持っていませんか、私は他の人よりもここが優れている、特別だと思う何か。
相応以上の望みを叶えたいならば、その対価を求められる。
やっぱり恐い話だと思います。

次回は「ユビキリ」。
これも恐い。
スポンサーサイト

テーマ : XXXHOLiC
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宝物庫の虫干しをする侑子たち。ずいぶんたくさんありますね~、すっごいお宝が眠ってそうです。侑子さんは手に入れるべくして集まったようなことを言ってますが、対価として分捕ったものではないですよね???
今日は~大掃除~四月一日が~♪おぉ!?今日の侑子しゃんはお酒ではなく和菓子&緑茶を堪能中♪・・・ということで、宝物庫にある曰く付きな物たちを庭に日干しする四月一日
人の望み、欲望・・・かなえようとすると必ず対価を払わなければならない。それが本人の努力でなければね。「ケイヤク」侑子さんの家では宝物庫の虫干し。蝶の柄がそのまま飛んでいきそうな絨毯とか怪しげなものばかり♪怒り出す四月一日。そこへ通りかかった女子大生・な..
このサルの手は、人の欲望を懲らしるために存在しているのでしょうか
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。