≪09  2017-10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『xxxHOLiC』 6/1 (6/2) 感想
ユビキリの話。

ひまわりちゃんが赤い糸の伝説の話をする。
大事な人とは小指と小指が赤い糸で結ばれている。
そんな話を僕にするのは遠まわしな告白、と舞い上がるワタヌキ。
「小指には心臓につながるツボがある。」と百目鬼登場。
昔、遊女は好きな相手に小指を切って渡したという話もあって、それが小指がつながれていると言う伝説につながった、と。

帰り道、男にしつこくされている女性を救ったワタヌキ。

暑さに完全ダウンの侑子さん。
部屋の中に連れて行って、ペットボトルの水を飲ませると復活。
しかし中身はモコナに焼酎に入れ替えられていた。
焼酎のお礼にと侑子さんが雨童女から対価でもらったキセル入れをみせてくれる。
中身はなんと管狐、ワタヌキを気に入った様。

お店にお客さん、いつのまにか迷い込んでしまったと言う彼女は、先ほどワタヌキが助けた女性。
小指から黒い煙のようなものを出している。
「くせ」があるでしょう、と言う侑子さんに彼女は否定。
侑子さんは指輪を彼女に渡す。
前にも癖で小指がおかしくなった女性を思い出し、気がかりなワタヌキ、管狐と一緒に彼女を追いかける。
彼女は男と待ち合わせ、メガネをかけて甘えた声を出し、遊園地に行く約束をする。
ユビキリをする二人。
その時、子供の声でユビキリの歌が聞こえてくる。

次の日、百目鬼との帰り道、管狐に引っ張られて行ってみると彼女がカフェに。
バンダナを頭に巻いた若い男と一緒にいて、煙草を吸い、大人の女を気取り、彼にかいがいしく世話をさせている。
今度は食事をという約束にまたユビキリをする彼女。
また聞こえるゆびきりの歌。

彼女はその後、昨日の男性と待ち合わせ、メガネをかける。
遊園地に行く二人を追うワタヌキと百目鬼。
二人の愛が真実かを確かめるアトラクションに入る彼女達。
ユビキリした指をギロチンの下に置くもの。
小指からまた黒い煙、ギロチンの様子が変わる。
落ちるギロチンの刃。
管狐がギロチンの周りを取り巻く。
彼女達の指は無事だった。

そこへ先ほどのバンダナの彼。
またしつこくしていた男も現れる。
次々に彼女がユビキリした男達が現れ、彼女は本命の遊園地の彼にも振られてしまう。

指は切られなかったけど手を切られたのね、と侑子さん。




これはオリジナルでしょうか、私は掲載誌は読んでないのですが、そちらには載っていたのでしょうか。
なんかHOLiCらしくない終わり方だなぁと思ったもので。
だって彼女なら、またいくらでも新しい男をゲットしそうだし(笑。
懲りてるとは思えないですしねぇ。

恐がらせ方もHOLiCらしくないなと。
HOLiCの恐さは「キャー!!。」と言う物じゃなくて、背筋が寒くなったり、自分もまたありえると思えて恐かったり、と言うものだと思っていたので。
何となく胸にわだかまる恐さ、とでも言いましょうか。

掲載誌に発表済みで、筋違いの感想だったらごめんなさいです。

管狐、登場。
ナイスコンビ、ワタヌキ。
車に魅かれそうなところを助けちゃったりして、見た目だけでなく、心根も可愛いヤツじゃないですか。

来週もオリジナル?。
ちょっと単行本からは思い当たらなかったもので。

スポンサーサイト

テーマ : XXXHOLiC
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付不可)

コメント

こばは
「指は切られなかったけど、手は切られた」なんて落語の落ちのようだ・・と思ってしまった。付き合っていた男性に自分の嘘がばれるというのが代価なら、確かにいつもよりお話が甘目かもしれないですね。本編の話なら背中がゾクゾクするような物語が多いですもんね。
ところで「ホリック」の映画を今更ながらDVDで見ました。面白かったです。マダムも未見ならぜひ!!ちょっと怖いですが(笑)
お久しぶりです、紳士さん!!
お仕事の目処はつきました?。

確かに落語の落ちだ。(笑
代価もそんなにきつくなかったし、お後はよろしいようで、ってとこですか。

映画は見てないのです、面白いですか!!。
これは見ねば。
ちょっと恐いってのが・・・、なにせホラーとかが苦手なもので。
でも今週末はレンタル店にGOだわ。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

“運命の赤い糸”、信じますか?です。一方で夢のある話、もう一方でどん底に突き落とす話。ひまわりちゃんは、赤い糸に興味を持っている。由来を説明する百目鬼に嫉妬する四月
 「虚言癖」の話の第2弾・・・って感じでしょうか? 以前もありましたね、自分を偽る話が。 その時のケースとは、若干異なる・・・は祐子さんの言葉。 見比べてみるのも面白
やはり、悪事は暴\かれるものですね。
プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。