≪10  2017-11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ちはやふる』 第1首 「さくやこのはな」 感想
ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは  在原業平

始まりましたね。
人気コミック『ちはやふる』のアニメ化です。

ちなみに私は短歌は大好きだったけど、百人一首は覚えようとしたこともない。(^^;)


あらすじは公式HPから。

小学生6年生の綾瀬千早が出会ったのは、福井から来た転校生・綿谷 新。
大人しくて無口な新には、意外な特技があった。
それは、小倉百人一首競技かるた。
千早は、夢中になって札を払う新の姿に衝撃を受ける。


難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花

この歌は百人一首の中にはありませんが、全日本かるた協会の競技かるたの序歌で、一番最初に詠まれる歌らしいですわ。


続きを読む

プロフィール

mam

Author:mam
『よろず屋の猫』の支店です。
本店はhttp://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/です。

最新の記事
ブロとも一覧
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最新トラックバック
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。